長野、静岡、岐阜、京都、和歌山、岡山、広島、山口、鹿児島で組み合わせ決定

夏の高校野球は長野、静岡、岐阜、京都、和歌山、岡山、広島、山口、鹿児島で組み合わせが決定した。

長野ではプロ注目の直江大輔投手が注目される。冬場に下半身を鍛え上げ、足立監督は「キレ味、低めの伸びとコントロールが格段に良くなった」と期待をしている。昨年夏から成長した姿を再び甲子園で見せられるか。

2018年度-高校生-長野県のドラフト候補リスト

静岡では145キロの速球に通算10本塁打の強烈な打撃を見せる掛川西の川合勇気選手が注目、優勝候補筆頭の静岡は1年生から主軸を打った成瀬和人選手など層が厚い。

2018年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト

岐阜では春優勝の中京大中京が有力だが、昨年甲子園で好投を見せた修行恵大投手、杉本幸基投手を擁する大垣日大や、鍛治舎監督が就任した県岐阜商なども注目。

2018年度-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト

京都では龍谷大平安の島田直哉投手が148キロ、小寺智也投手が142キロを投げ、高校通算50本を超す松田憲之朗選手が主砲で強力。センバツ出場の乙訓も、川畑大地投手、富山大樹投手の2枚看板健在。

2018年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト

和歌山ではセンバツ準優勝の智辯和歌山がプロ注目スラッガー・林晃汰選手に185cmから144キロを投げる平田龍輝投手など、実力が高い。

2018年度-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト

岡山では151キロ右腕の倉敷商・引地秀一郎投手が注目される。春は県大会で結果を残したが中国大会では勝てる投手までもう一歩の状態、この夏にブレークするか。創志学園は選手層が厚く、2年生の西純矢投手が183cmから147キロを投げ、侍ジャパンU18代表に選出された。

2018年度-高校生-岡山県のドラフト候補リスト

広島では2年生で144キロを投げる桑田孝志郎投手のいる広島新庄と、昨年甲子園で147キロを投げた森悠祐投手のいる広陵、1試合4本塁打でセンバツにも出場した門叶直己選手などが注目される。

2018年度-高校生-広島県のドラフト候補リスト

山口では下関国際が145キロエースの鶴田克樹投手に強打線があり強い。早鞆の畑村政輝投手は146キロ、宇部鴻城の荒武悠大投手も145キロを記録する左腕で注目投手が多い。

2018年度-高校生-山口県のドラフト候補リスト

鹿児島では樟南の松本晴投手が180cmから145キロの速球を投げる左腕で、九州NO.1左腕と注目される。主砲の松下航太選手もホームラン連発。れいめいの松江優作投手も143キロの速球で三振を奪いまくり。神村学園は部内の暴力で3か月の対外試合禁止中だが選手層が厚く本命視されている。

2018年度-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP