夏の甲子園10日目の対戦カードと注目選手

第100回全国高校野球選手権大会、10日目の対戦カードと注目選手です。

10日目

第1試合

常葉大菊川高校
漢人友也3年
177cm65kg 右右
勢いを感じる素晴らしいボールを投げ込むピッチャーです。 B
鈴木琳央3年
180cm75kg 右右
2年生秋に6本塁打を放つなど2年時で18本塁打を打っていた。
その後、打撃不振でベンチから外れた事もあったが3年夏に向けて復調気味。
右の大砲
B
奈良間大己3年
172cm66kg
右右
注目
常葉菊川の一番を打ち、3年夏は先頭打者ホームラン、準決勝ではホームランなど5安打の活躍で、準決勝まで19打数17安打
1番バッターとして足もあり、また投手をしていたこともありショートで強肩を見せ
B
榛村大吾3年
174cm67cm
左左
3年春は安定感抜群の投球で、チームに勝ちをつけていった。
伸びのあるストレートは将来も注目したい。
B-
日南学園高校
門川大晟3年
175cm75kg
右右
右のスラッガー、3年夏の宮崎大会決勝でホームランなど3安打3打点
頼れる4番
B-
坂元海3年
172cm72kg
右右
2番サードで出場し、3年夏の決勝では同点に追いつく2ランホームラン、そして決勝となるタイムリー3ベースヒットを打ち、甲子園出場の立役者となった。 B-
辰嶋優1年
183cm75kg
左左
183cmの大型選手 B-

 

第2試合

金足農業高校
吉田輝星3年
176cm81kg
右右
MAX150キロ
注目
2年生ながら最速144km/hのストレートを投じる小柄な右腕、変化球はスライダー、スローカーブ等
金足農業では1年夏からベンチ入り、1年秋からエース、2年春の県初戦/大館桂桜戦で 9回6安打1失
A
打川和輝3年
185cm90kg
右右
185cm90kgの恵まれた体があり、力強いスイングを見せる他、4番バッターとして後の打者につないでいく打撃も見せる。
自信をもって長打で試合を決める選手になってほしい
B
大垣日大高校
内藤圭史2年
180cm75kg
右右
1年で甲子園に出場し5番を任される。
天理戦で3安打を記録し、2ベースヒットも放つ。
監督から、お前は1年生とは思わない、と言われている。
B+
修行恵大3年
183cm70kg
右右
まだ線は細いものの身長があり角度のある140キロの速球を投げる。
3年春に骨折や右肩の故障で苦しんだが、夏には登板し130キロ後半を投げられるまで回復した。
体ができて来たら非常に楽しみ。
B+
杉本幸基3年
181cm76kg
右右
がっしりとした下半身があり、球速は2年生で140キロを超えてくる。
スライダーは制球はもう少しだが鋭くまがり、決め球のチェンジアップはタイミングを外して空振りを奪える。
B
日高敦貴3年
182cm85kg
右右
182cmの大型捕手
本格派投手二人を粘り強くリードする
B-

 

第3試合

花咲徳栄高校
井上朋也1年
180cm80kg
右右
注目
大阪府四条畷市出身のスラッガー
1年春の大会で7番ライトで出場し、準決勝のふじみ野戦などで2本塁打を放つ
スーパー1年生として注目される。
A
橋本吏功2年
170cm74kg
右右
走攻守全て揃った好選手。特に打撃は他に類を見ないヘッドの
使い方により、打球スピードは殺人級。
打球反応の良さ・守備範囲の広さ・肩の強さも特筆すべき点。
B+
韮澤雄也2年
176cm79kg
右左
注目
2年生でショートを守り、打球への反応の良さに野球センスの高さを感じさせる
打撃でも広角に打ち分けることができ、アベレージを残せそう。
新潟リトルシニア出身
B
野村佑希3年
185cm90kg
右右
MAX147キロ
注目
大田リトルシニア出身、1年生秋から4番を任され6本塁打、2年春から春季大会まで16本とホームランを量産している。
右のスラッガーでプロに行ける選手と期待されており、スカウトからも「清宮の次は野村
特A
斎藤倖介3年
183cm82kg
右右
サイドスローのコントロールの良いピッチャー。2年生の頃からベンチ入り B
中田優斗3年
186cm86kg
右右
シンプルなフォームから力のある球を投げる
下半身を使えるようになれば、伸びのある球が投げられそう。
B
横浜高校
度会隆輝1年
178cm66kg 右左
注目
南神奈川大会は代打で5打数5安打、打撃の天才。卓越したミート力がウリ。 B+
大手晴1年
173cm71kg 左左
将来性豊かな期待の選手 B
津田啓史1年
177cm69kg 右右
センス溢れる内野手! B
小島歩空1年
172cm65kg
右右
将来性豊かな捕手 B-
及川雅貴2年
181cm66kg 左左
MAX152キロ
注目
U15日本代表のエースとして世界大会で活躍。
中学3年生で既にMAX141kmのストレートを投げコントロールも抜群。
特A
小泉龍之介2年
171cm72kg 右右
鯖江ボーイズ時代は投打の二刀流として活躍、最速140㎞近い球速と120M近く飛ばす打撃が持ち味。 B+
黒須大誠2年
186cm75kg 右右
サイドスローになって大きく劣化したがポテンシャルは高いので今後の成長に期待 B
内海貴斗2年
181cm76kg
右左
中学時代は世田谷西シニアで活躍
先輩の村田に憧れて入学してきた
1年春から2試合でスタメン、1試合代打でタイムリーを打つなど活躍しており、監督も期待しているらしい
今後の成長が楽しみな逸材である
B-
斎藤大輝3年
177cm70kg 右左
戸塚シニア時代はジャイアンツカップにも出場した。
横浜高校では1年生の春から1番セカンドとして出場している。
高い打撃と守備のセンスを平田監督も評価している。
A
万波中正3年
190cm92kg 右右
注目
MAX147キロ
体にバネがあり身体能力が高く攻守ともにレベルが高い選手で投手としても地肩の強さをいかして勢いがある球を投げる A
板川佳矢3年
173cm66kg 左左
野木町立野木中出身の左腕投手
体は小柄だがばねのありそうな体に力を十分溜めて、伸びる速球を投げる。
B+
長南有航3年
184cm82kg 右左
大型外野手として期待されている。
横浜高校では1年生の4月の春季大会でスタメン出場すると、センター方向にホームランを放ち、デビュー戦でいきなりホームランを放った。
B+
山崎拳登3年
175cm72kg 右右
三拍子そろった選手
特に、広角に打ち分ける能力も高くパンチ力もありこれからも期待。
100回記念大会には、神奈川No.1のサードになる可能性大
二つ上の遠藤駆を超えるプレイヤーに
B+
角田康生3年
174cm75kg 右右
1年次に夏の甲子園で背番号17。
栃木下野シニア出身。
B
武川康大3年
176cm72kg 右右
確実な守りとボールの見極めが上手い選手。
塁に出て次に繋げるというしっかりとした仕事をこなす。
B-

 


PAGE TOP