夏の甲子園11日目の対戦カードと注目選手

第100回全国高校野球選手権大会、11日目の対戦カードと注目選手です。

11日目

第1試合

下関国際高校
木村大輝2年
174cm65kg 左左
2年春のセンバツではセンターを守る。
春以降、左腕の先発として任されるようになってきた。
B-
鶴田克樹3年
180cm93kg 右右
MAX148キロ
注目
180cm93kgの大きな選手、下関国際の2年生クリンナップの一人。
投げても142キロを記録し、2年夏に高川学園を完封、秋も3試合に完封と安定感を見せる。制球も良い。
B+
甲山達也3年
171cm68kg 右右
ショートを守り好プレーを見せる。
浜松選手との二遊間でみせるプレーは注目
B-
浜松晴天3年
170cm66kg 右右
セカンドで好守を見せてチームを支える。
甲山選手との二遊間で、併殺を完成させるプレーはスピードがある。
B-
吉村英也3年
178cm75kg
左左
高校野球2017 夏 ホームラン B-
木下尚穏3年
181cm85kg
右右
山口大会出場無く甲子園からベンチ入り、隠し玉の主砲か B-
西山勇輝3年
182cm91kg
右左
山口大会は打率.143と当たりないが大きな選手 B-
創志学園高校
西純矢2年
183cm79kg 右右
MAX150キロ
注目
NOMOJAPAN選抜に選ばれアメリカ遠征に参加、中学3年生でMAXは既に142km今後の更なる成長に期待。 特A
草加勝2年
182cm72kg
右両
MAX145キロ
手足が長い伸びのある速球が145キロ B+
金山昌平3年
182cm82kg 右左
注目
3年夏に4試合連続ホームランで岡山大会記録
倉敷商・引地投手のストレートもライトスタンド中段に運ぶ
強いストレートに押し負けない。
B+
中山瞬3年
180cm82kg 右右
MAX147キロ
ショートや外野でも素晴らしい守りを見せ、打撃では柔らかい打撃で広角にヒットを打つ。
真っすぐで押す投球 リリーフで三振奪いまくる
B+
藤原俊也3年
176cm76kg 右左
1年生からマスクを被り、チームのいろいろな投手をリードしてきた。
経験豊富な捕手。
B-
赤塚拓海3年
185cm85kg
右右
岡山大会出場無いが甲子園でベンチ入りの大型選手 B-
赤末 響2年
182cm75kg
右右
2年生でベンチ入り、体も大きい B-

 

第2試合

興南高校
宮城大弥2年
173cm70kg 左左
中学時代U15代表入り、興南では1年生夏のはエースとして、決勝でも9回7安打13奪三振1失点完投勝利。
6試合22回1/3を投げて34奪三振、失点は1点だけだった。
B+
塚本大雅3年
182cm75kg
右右
沖縄大会で打率.458、大型外野手 B-
木更津総合高校
篠木健太郎1年
175cm66kg
右右
1年春にデビューし好投
その夏はリリーフで登板し140キロを超す速球を投げ込む
まだ思いきり腕を振ると制球が乱れるものの、ストレートの伸びがある。
B+
根本太一2年
180cm78kg 右右
MAX149キロ
MAX149キロで140後半を連発 絶対話題になる B+
太田翔梧2年
170cm72kg
右右
右のスラッガーで、2年夏の決勝では逆転となるホームランを放ち、チームの甲子園出場に貢献した。 B
野尻幸輝3年
178cm78kg 右左
注目
1年生で木更津総合の5番を任され汰選手。「うちの強打の選手たちが1年生の時より、バットが振れている」と五島監督より信頼されている。 B+
東智弥3年
172cm70kg 右右
172cmの右バッターで、高校通算20本塁打のパンチ力があるリードオフマン
正確な判断の走塁など野球センスが光る
B
山中稜真3年
176cm72kg 右右
2年時は1番を打ち、痛烈な打球を見せていた。3年になると4番を打ち、長打力を見せている。
また3年から捕手としても出場し、成長を見せている。
B

 

第3試合

日大三高校
井上広輝2年
180cm76kg 右右
MAX147キロ
井上大成選手の弟、高校1年で145キロを記録し、明治神宮大会でも力のある球を見せた。 A
広沢優2年
190cm75kg 右右
世田谷西シニア出身の大型投手 成長に期待がかかる。 A
前田聖矢2年
170cm73kg 右右
父は千葉ロッテなどでプレーした前田幸長投手 1年秋の東京大会で9番バッターを任され、4試合で10打数3安打 小倉監督も「1打席目の初球から思い切りよく振れる」と評価している。 2年春の橘学苑 B-
飯村昇大3年
177cm74kg 左左
2017年秋季大会の都立昭和戦では神宮第二グラウンドのスコアボード上段に直撃するツーランホームランを放つと、次の打席でも2打席連続となるホームランを放つなどパンチ力に定評のあるプレイヤー。また走力もか B+
中村奎太3年
173cm72kg 右左
速いときは140キロのストレートを投げられる右腕。スライダー、チェンジアップのキレも良い。 新チームから投手陣の柱となる。打者としても能力が高い。 B+
日置航3年
174cm76kg 右右
注目
遊撃手。走攻守ともにレベルが高い。春期都大会決勝で3ランホームランを放つなど、長打力もある。 B+
大塚晃平3年
181cm77kg 右右
181cmの身長があり、足も肩もある外野手。 2年秋は打率.514を記録し、4本の3ベースヒットが光る。チームの4番として外野手の間を割る鋭い打球を見せる。 B
河村唯人3年
175cm74kg 左左
140キロのキレの良い球を投げる左腕で、クロスファイアが武器 2年までは制球不足だったが、3年冬に練習に取りくみ課題を克服した。 B
佐藤コビィチニボア3年
184cm81kg 右右
長打力のある大型バッターで成長に期待したい。 B
金子凌3年
170cm70kg 右左
3年春の大会で1番サードで出場し、22打数15安打で出塁しまくった。 目線やバットの軌道が安定しており、ぶれずに球をとらえることができる。 B-
奈良大学付属高校
上野拓真3年
181cm85kg
右右
4番を打つ右のスラッガー B-
木村光3年
172cm67kg
右左
打たれても粘り強く投げる、奈良大会決勝でホームランと打力もある B-
池田晋輔3年
184cm80kg
右右
控だが大型選手 B-

 

第4試合

龍谷大平安高校
奥村真大1年
180cm70kg
右右
攻守に高いレベルを誇る内野手 B
島田直哉3年
183cm67kg 右右
MAX148キロ
京都シニア時代はエースで4番 B+
松田憲之朗3年
181cm84kg 右右
注目
先輩でもある西武・炭谷のいとこ 力強い打撃が魅力でフルスイングで高校通算50本を超す ショートを守っており、守備でのポジションの選択肢も狭くないため、評価が高くなるかもしれない。 B+
北村智紀3年
175cm66kg
左左
腕をしならせて投げ、回転の良い球をインコース、アウトコースに配球する 膝を大きく曲げて貯めて投げる。 プロのスカウトも腕のしなりの良さに注目する。 B
小寺智也3年
180cm75kg 右右
キレが良い球を投げるピッチャー B
松本渉3年
167cm60kg 右左
コースに逆らわないバッティングで単打を2塁打にしてしまう俊足の持ち主 俊足を武器にした広い守備範囲の持ち主 B
八戸学院光星高校
武岡龍世2年
176cm71kg 右左
小学校6年時にヤングリーグで全国制覇、中学校1年でカル・リプケン少年野球世界大会日本代表として準優勝
八戸学院光星に入学すると、大学生との練習試合でいきなりホームランを放ち、1年春には1番ショー
B+
福山優希3年
175cm74kg 右
MAX148キロ
140キロを超す力のある球を投げる右腕。角度もあり2年時にはチームのエースとして活躍。
3年春には148キロまで到達し、フォークボール、カットボールの威力も十分で、プロを意識できる投手になった。
B+
東健太郎3年
180cm80kg 右左
春から4番に座ると長打力が開花し本塁打を量産。長南と強力クリーンナップを形成する。 B
長南佳洋3年
173cm71kg 右左
新チーム結成後ホームランを量産する光星の主砲。
緩急にも対応を見せ、広角に長打を飛ばせるのが強み。
B-
矢野虎弥3年
177cm72kg 左左
左打席から鋭い打球を飛ばし、打線に勢いをつける存在。
猛打に注目
B-
伊藤大将2年
178cm70kg
右右
青森大会は打率.500 B-

 


PAGE TOP