桐蔭学園、上川航平選手&森敬斗選手がホームラン

桐蔭学園, 森敬斗, 上川航平

センバツ大会の5日目第3試合に登場する桐蔭学園はこの日、市川とWヘッダーの練習試合を行い、3番の森敬斗選手と、4番の上川航平選手にホームランが飛び出した。2戦とも勝利している。

3,4番にアーチ

市川高校との初戦、3-1とリードして迎えた8回に、4番を打つ上川航平選手がスライダーを振りぬくと、左中間のフェンスを越えていった。「最近バットが下から出ていたけど、上から良い感じで捉えられました」と手ごたえをつかんだ。

桐蔭学園は3番にプロ注目スラッガーの森敬斗選手が座り、甲子園では森選手が勝負を避けられる可能性を減らすため、4番の上川選手の役割が重要となる。その森敬斗選手はこの日の第2試合で初回にホームランを放ち、変わらずのスラッガーぶりを見せた。

試合も初戦を5-1、第2試合を7-2で連勝した。片桐監督は「公式戦で練習試合の成果を出そう。我々は思い出作りに来たわけじゃない。明日の甲子園練習は、公式戦のつもりでやろう。」と話し、甲子園に目を向けた。

甲子園でも森、上川砲が炸裂するか注目したい。

センバツ高校野球大会(2019)の組み合わせと注目選手
桐蔭学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

3-1の8回2死一塁、カウント1-1から左投手のスライダーを左中間へ放り込んだ。「最近バットが下から出ていたけど、上から良い感じで捉えられました」と笑顔で振り返った。


PAGE TOP