津田学園・前佑囲斗投手11回4安打7奪三振、センバツ3日目の選手評価

奥村真大, 村田凜, 平賀佑東, 菅野秀斗, 阿萬田琉希, 野沢秀伍, 塚本圭一郎

初日の星稜・奥川投手の衝撃がまだ残るセンバツですが、3日目も素晴らしい選手がいました。

良かった選手

龍谷大平安の野沢秀伍投手は好投手、インコースの非常に厳しい所に自信満々に投げられるコントロールは秀逸だった。11回を投げて4安打7奪三振2四死球で完封、素晴らしい成績につながった。また2年生の奥村真大選手は勝負強い。タイミングはあってなくても、これで奥川選手の前の水谷祥平選手を敬遠する事はないだろう。飛球も伸びがありサク越えもあるかもしれない。

津田学園の阿萬田琉希選手は強い送球を見せ、2盗塁を許したものの北村涼選手などの鋭い走塁によるもので、十分、相手に盗塁することを考え直させる捕手だろう。

石岡一の2年生・塚本圭一郎選手は柔らかい打撃、盗塁も見せセンスの良さを見せた。石岡一は登板しなかったが2年生の小松崎駿投手も好投手なので、この戦いを見て1年生がさらに入って来たら、来年の方が強いチームになるかもしれない。

盛岡大付の平賀佑東選手は打席で相手投手に威圧感を与えられるバッター、4打数1安打1得点だったが、11回の四球を選んだことが勝敗を決めた。

山梨学院の菅野秀斗選手は昨年夏に4打数2安打2打点から、秋に23打数11安打で、そしてこの日も7打数5安打4打点。打球が強くはなく、初回のホームランも風に運ばれたものだが、とにかく内野手の頭を超す球を打つ技術がある。木製バットでどんな打撃を見せるのか見たい選手。

力を見せられなかった選手

札幌第一・村田凜選手は初回に外野の頭を超える2ベースヒットを打ったが、その後は抑えられた。打撃前に後に反り、立った感じでスイングをする。前に突っ込むのを抑えようとしているのだと思うが、インコースは強く振れるものの、外角に対応するのはやや難しいか。夏に向けてどうなっていくか注目したい。

センバツ第3日目の対戦カードと注目選手
センバツ注目捕手TOP5は?


PAGE TOP