夏の高校野球・愛知大会の組み合わせ決定

夏の高校野球、愛知大会の組み合わせが決定、大会の展望をまとめます。

スポニチ

ノーシードながら今春センバツ優勝の東邦が中心になる。今秋ドラフト候補の石川昂弥をはじめ、攻撃力は全国でも屈指。総合力の高い中京大中京享栄愛工大名電が続く。春季県大会Vの中部大第一はエース・磯貝和賢の奮闘が鍵握る。

日刊

センバツVの東邦が軸。ノーシードとなったが、石川昂弥投手をはじめ、投打でハイレベル。春の件王者・中部大第一も有力候補。中京大中京愛工大名電は戦力充実。元中京大中京監督の大藤敏行監督率いる享栄、好投手擁する西尾東も注目。

報知

主砲・石川が引っ張るセンバツ王者・東邦がノーシードでも優位に立つ。秋準Vの中京大中京が2年生の147キロ右腕・高橋宏斗ら豊富な投手陣で対抗。春Vの中部大第一は、初戦のブロックに愛工大名電が控える。享栄愛知黎明、昨夏代表の愛産大三河が続く。

2019年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト


PAGE TOP