山梨学院の注目選手ー2020センバツチームの紹介

栗田勇雅, 山梨学院高, 渡辺嵩馬, 小吹悠人, 功刀史也, 下野けんぞう, 松村駿, 河野修慈, 外川温大

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は関東大会準優勝の山梨学院。

山梨学院の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:小吹悠人選手、送球が安定している180cm81kgの大型遊撃手。長打力はそれほどないものの主軸としてきっちりと外野の頭を越える打球を打てる。三振も少ない選手。

注目度B:栗田勇雅捕手、1年からマスクを被り、4番を任せられる。高い打撃センスがあり、安打数は安定して多く、172cmと小柄だが昨秋は1本塁打と長打力もある。遠投100mの肩もチェックしたい。

注目度C:功刀史也選手、軟式のU15代表でアジアMVPに輝いや経験がある。1番セカンドで出場する選手。昨秋は公式戦では打率1割台で9番などを打っていたが、練習試合では高いアベレージとパンチ力も見せている。50m6.0秒の足と打撃の強さをチェックしたい。

注目度C:渡辺嵩馬選手は50m5.9秒の足があり、センターで広い守備範囲を見せる。2番バッターとして秋は公式戦9試合で6盗塁を記録し、クリンナップへチャンスを広げる。打率.294の打撃の可能性をチェックしたい。

注目度C:外川温大選手はレフトで出場する。遠投95mの肩と50m6.1秒の足があり、その素質をチェックしたい。

注目度C:河野修慈選手は189cm89kgの恵まれた身体があり、昨年秋は山梨大会決勝で延長10回に代打で2ランホームランを放った。打撃に注目したい。

注目度C:松村駿選手、控えの外野手で試合に出場数はまだ少ないが、遠投100m、50m6.0秒の強肩俊足で身体能力が高そう。出場したら足や肩を見てみたい。

注目度C:下野けんぞう選手、捕手と外野手の控えだが、遠投110m、50m6.0秒の身体能力がある。

チーム

投手陣は130キロ前後の球とフォークボールを投げるエースの吉川投手で、花咲徳栄戦で1失点完投するなど、栗田捕手との巧みな投球が光る。

野手は昨年ほどの派手さはないが、栗田-功刀・小吹-渡辺のセンターラインがしっかりしており、打撃もこの4人を中心に軸がある。

投手が4点程度に抑え、打線が繋がりで6点を奪い、接戦をものにしたい。

山梨学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP