天理の注目選手ー2020センバツチームの紹介

天理高, 瀨千皓, 河西陽路, 達孝太, 吉岡大誓, 堀内太陽, 田中輝希, 山地裕輔, 庭野夢叶, 下林源太, 杉下海生

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は近畿チャンピオンの天理高校。

天理の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:達孝太投手(2年)、192cmの長身右腕で141キロの速球を投げる。昨秋は大阪桐蔭を8回まで1失点に抑える好投を見せ、かつての谷口、南の天理ツインタワーを思わせる。

注目度B:瀨千皓選手(2年)、1年生だった昨秋は決勝の大阪桐蔭戦でホームラン、明治神宮大会の仙台育英戦でもホームランなど3試合連続など公式戦4本塁打を放った。メガネがトレードマーク。

注目度B:杉下海生選手(2年)、U15代表時代からショートの守備が非常にうまく定評があり、1年生でレギュラーとして出場する。打撃で力強さを増してくればさらに注目される。

注目度B:下林源太選手、サードで出場する主将、昨年は3番を打っていたがセンバツでは1番を打つ予定。選球眼が良く四死球を選び打率は.523、そして公式戦5本塁打を放つなど長打力も十分。

注目度C:河西陽路選手、明治神宮大会の中京大中京戦で1試合3本塁打を放った選手、金属バットの助けもあるものの、力強いスイングは十分。とにかく長打力をチェックしたい。

注目度C:庭野夢叶投手、最速143キロの速球を投げ、インコースで詰まらせて打ち取る。50m6.1秒の足もあり野手としてのプレーも見てみたい選手。

注目度C:山地裕輔選手、182cm80kgの大型外野手で遠投100m、50m6.2秒の身体能力もある。パンチ力を期待されているが、強い打撃とそれに伴う走塁を見たい。

注目度C:田中輝希選手、セカンドを守り高い判断力と堅実な守備を見せる。打点も多く稼ぐ選手で、二塁守備と打撃の強さを見たい。

注目度C:堀内太陽選手(2年)、控え外野手だが50m6.0秒とチームでトップを争う俊足選手。まだ試合出場が少ないが、足を見たい。

注目度C:吉岡大誓投手、135キロの速球を投げる左腕で、天理の左腕らしくインコースへの伸びのある球を投げる。大学、社会人でもプレーしていそうな左腕投手で、まずは球の力を見たい。

チーム

投手は長身の達、左腕の吉岡、右腕の庭野とタイプが異なる投手がそろい、控えにもサイドハンド投手もいる。打線は一発で爆発する選手が出ており、また全体的に160cm台の上背がそれほどない選手がいるが、足と守備だけでなくどこからでも長打が出る。

投手が3点に抑え、打線が7点前後を奪う。関西チャンピオンはやはり強い。

天理高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP