智弁和歌山の注目選手ー2020センバツチームの紹介

智弁和歌山, 細川凌平, 小林樹斗, 綾原創太, 徳丸天晴, 矢田真那斗, 宇井治都, 宮坂厚希, 大西拓磨, 平田晃将, 川上珠嵐, 池田泰騎, 中西聖輝

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は智弁和歌山。

智弁和歌山の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:小林樹斗投手、昨年センバツで140キロ後半の抜群のキレの良い球を投げ、衝撃的な全国デビューをした。その後、夏、秋と思うような投球ができず中谷監督も大事に使い過ぎたと反省をしている。素材としてはドラフト1位クラスで、この春に復活の投球ができるか。

注目度A:細川凌平選手、能力がスバ抜けている。50m5.8秒の俊足に遠投110mの肩、センターで起用されていたが、内野の主力が抜けた事で内野手として守らせると一番うまくてショートにコンバートされた。ドラフト上位にも入ってきそうな選手。

注目度A:徳丸天晴選手(2年)、185cmの右のスラッガーはNPBでもトップクラスに見えるスイングを見せる。昨夏に奥川投手からノーヒット3三振に抑えられてから調子を崩し、秋は打率.237と低迷、1本塁打8打点に終わっているが、復活が期待される。来年のドラフト1位候補。

注目度B:中西聖輝投手(2年)、180cm89kgの右腕で最速は143キロを投げる。1年秋は11回1/3を投げて22奪三振、四死球が多く制球力に課題があるが、この春に昨年の小林投手のような衝撃的なデビューがあるかもしれない。

注目度C:綾原創太選手、セカンドで出場する選手で、守備の安定感とバットでも安定して結果を残す。昨秋も打率.350を記録。セカンドの動きと打撃を見たい。

注目度C:矢田真那斗投手、180cmの左腕投手でスリークォーターから136キロの球を投げる。昨秋は33回1/3を投げて31奪三振13失点、防御率3.51とまずまず安定、小林投手が不調だったが矢田投手が支えてセンバツ出場を決めた。フォームなどをチェックし、将来性を測りたい。

注目度C:池田泰騎投手、175cmの左腕投手で、三振を奪えるキレのある球を投げ1年時から期待をされていた。昨秋はわずか3イニングのみの登板となり伸び悩んでいるが、登板したら球のキレを見たい。

注目度C:川上珠嵐選手、170cm85kgの一塁手で昨秋は2本塁打とパワフルな打撃を見せた。フルスイングからの打球の強さを見たい。

注目度C:平田晃将選手、3番サードで出場するチームの核の一人、昨秋は打率.432に10打点1本塁打を記録、打撃の強さとセンスをチェックしたい。

注目度C:大西拓磨選手(2年)、中谷監督が遊撃手の候補として期待も故障が多くレギュラーを獲り切れていない。出場をしたらショートの守備をチェックしたい。

注目度C:宮坂厚希選手(2年)、細川選手がショートにコンバートされることでセンターでの出場が期待される選手。50m6.0秒と細川選手に次ぐ俊足の持ち主。足と打撃を見たい。

注目度C:宇井治都選手、183cm83kgの大型捕手、昨秋は打撃の良い石平捕手にレギュラーを譲ったが、大型捕手として中谷監督も期待。出場したら遠投100mの肩と打撃を見たい。

チーム

投手は小林投手が昨年春くらいの投球ができれば、大会屈指と評価される。しかし昨夏、秋の状態だと、2年生の中西投手に注目が移るかもしれない。安定感のある左腕の矢田投手の起用がポイントとなるか。高いレベルで層は厚い。

野手は1番細川選手がスバ抜けており、3番・平田、4番・徳丸、5番・川上の強力クリンナップに繋げる2番・宮坂選手のプレーが注目される。守備は細川選手のコンバートにより宮坂選手の抜擢、捕手も石平選手と宇井選手が競うなど昨年までのレギュラーメンバーが固定されたチームには1歩、2歩及ばないが、可能性を秘めた選手が競い合いの中で頭角を現しそうだ。

投手が2点に抑え、打線が8点を奪う。チームはまだ未完成だが、軸がしっかりと活躍をすれば、投打に相手を圧倒できる優勝候補の一角。

智弁和歌山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP