鳥取城北の注目選手ー2020センバツチームの紹介

河西威飛, 阪上陸, 山内龍亜, 畑中未来翔, 藤元和虎, 石原夢也, 田渕洋介, 中川央, 松村亮汰, 鳥取城北

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は鳥取城北。

鳥取城北の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:松村亮汰投手、183cmから142キロの速球を投げ、昨秋の中国大会は右肩痛で投げられなかったが県大会では好投を見せている。本格派右腕として大会屈指の投手になってくるかもしれない。

注目度B:中川央投手、180cmから145キロの速球を投げる。2年秋の成績はまだまだだが、センバツで1球でも投げれば注目される投手になるかもしれない。

注目度C:田渕洋介投手、179cmから140キロを超す球を投げる。こちらも2年秋の実績はまだまだだが、中川投手や村松投手と競争できる素材。登板したら球の強さを見たい。

注目度C:阪上陸投手、169cmの左腕投手、スライダー、ツーシームなどの多彩な変化球で翻弄するが、イニング数と同じくらいの三振を奪える。三振を奪う投球を見たい。

注目度C:石原夢也選手、小柄だが50m5.8秒の足を持つセンター、昨秋は5盗塁を記録し、出塁ができるようになれば面白い。まずは足を見たいが、打席でのスイングで可能性を見たい。

注目度C:藤元和虎選手、162cmと小柄だが2番ショートでチームの要、高い打率で出塁し、50m6.0秒の足でチャンスを広げられる。ショートの守備と足、打撃のコンタクトと強さを見たい。

注目度C:河西威飛選手、1年から期待の選手。チャンスで左右にタイムリーヒットを打ち、昨秋は打率.469で1本塁打16打点、盗塁も決める。打球の強さを見たい。

注目度C:畑中未来翔選手(2年)、1番を打つ178cmの外野手で、昨秋は打率.375に2本塁打9打点と長打力を見せた。長打力を見たい。

注目度C:山内龍亜投手(2年)、昨秋はベンチ入りしていないが、183cm83kgの大型右腕で、ベンチ入りしたら登板を見てみたい。

チーム

投手は3人の140キロ越え右腕がそれぞれ上背もあり迫力がある。秋のエース・阪上陸投手も変化球で三振を奪える投手で、大会屈指の投手力となるかもしれない。打線は1番の畑中が強打、2番・蔵元が四球も多く打率が高く、塁に出れば走れる。併殺も崩すことができ、3番・河西に繋げられる。3番・河西が鍵となりそうだ。

投手が4点に抑え、打線が6点を奪って接戦をものにしたい。投手の復調や成長がポイントとなりそうだ。

鳥取城北のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP