森友哉選手のリードに巨人が高評価、内田靖人選手が2安打などそのほかの選手の活躍、18Uワールドカップ

渡邉諒, 森友哉, 園部聡, 内田靖人, 奥村展征, 山岡泰輔

 18Uワールドカップの台湾戦、松井裕樹投手の好投には森友哉選手のリードもあった。

 巨人の山下スカウト部長は「森君のリードもうまい」と評価を口にした。立ち上がりからストレート、スライダー共に制球に苦しみ、何度もピンチを背負ったが、ストレートで攻めてフライに打ち取るなど強気のリードを見せた。ランナーがいないときには森捕手が躍動し、ストレート2つで追い込んで外角のチェンジアップで三振を奪ったり、スライダーを見せてストレートをスバリと決めたりと変幻自在だった。

 あえて気になる点を挙げると、8回のピンチは2アウトを取った後で、打者を簡単に追い込んでからきわどいところを投げてボールとなったところで、真ん中付近でも打たれない、というような要求の仕方をしてランナーを許し1失点につながってしまう。また捕球でもストライクでも球を落とすのが気になる。これは昨年も気になった点で、プロではキャッチングを徹底されそうだ。

 盗塁を刺したものの2バウンドの球だったりもあるが、この日はエースを引っ張って気持ちよく投げさせるという事に徹していた感じ、松井投手も8四死球を出しながらもテンポを保ち躍動感は失われなかった。それがこの試合の全てだろう。

 日本の先制だは4番・内田靖人選手がレフト前ヒットでチャンスを広げ、5番・園部聡選手がレフト前にはじき返した。いわき松風クラブで同じチームでプレーし、そのときと同じ4番・内田、5番・園部、安心感とライバル心が生んだ1点だったのだろう。

 追加点は奥村展征選手のセンター前への渋いヒット、左腕投手に苦しむなど4打数1安打だったが貴重な打点だった。セカンドの守備でもスムーズなスローイングを見せた。内野手では渡辺諒選手がサードで難しいバウンドを突っ込んで捕球し強いスローイングを見せてセンスの高さを見せた。

 1番・吉田雄人選手には打撃の固さが見られた。1番よりは中軸でしっかりと打ったほうが良いのかもしれない。渡辺諒選手は痛烈な打球を見せて、対応力の高さを見せていた。

 投手では9回に山岡泰輔投手が登板し、大きなスライダーで死球を与えてしまうも、キレの良いストレートが決まりノーヒットに抑えた。今大会リリーフとしてやっていけそうだ。期待したい。

 バッテリーを組んだ森友哉は「(松井は)気持ちで押してくる投手なので」と勝負どころでは直球を要求して勝利に導いた。

 西谷浩一監督も「バッテリーが試合をつくってくれた」と感謝。8回のピンチでは、指揮官から交代のタイミングを探る目配せを送られると「松井で大丈夫」とアイコンタクトで返した。ただ、打撃では3打数無安打。昨年の同大会も2年生で経験した攻守の要は「次はバットで貢献したい」と意気込んだ。

 スタンドには巨人、阪神など国内5球団と、ヤンキース、オリオールズなどメジャー10球団以上が視察に訪れた。

 ヤンキースのデーブ・デフレイタススカウトは「変化球と制球力がいい」と評せば、タイガースのトム・ムーアスカウトも「スライダーの角度がある。メジャーでは左投手は上背がなくても大丈夫」と語った。また、今秋のドラフトで松井を1位指名候補に挙げている巨人の山下哲治スカウト部長は「序盤は調子が悪かったが、結果的には素晴らしい投球だった。森(友哉)君のリードもうまい」と振り返った。

 いぶし銀の活躍で日本に勢いをもたらした。1点リードの6回2死二塁。奥村が、狙いすましたように中前へ運んだ。「自分を信じ、しっかり踏み込んで打てた」。日本にとって貴重な2点目となるタイムリーに、イケメン内野手が笑みを見せた。

 日大山形では4番を務めるが「(代表では)4、5番がすごいので、言われたことをしっかりするのが僕の役目」と日本代表では“黒子”に徹する。6回の打席も、直前に西谷浩一監督(43)から言われた「二塁と中堅の間を抜け」の指示にきっちり応え結果を出した。

 松井からバトンを受け、9回を締めたのは、ダルビッシュに認められた男・山岡だ。打者4人から2三振を奪い無失点。「直球も走って、スライダーも曲がってくれた。後ろに安楽も控えていたので思い切り投げることができた」と話した。

 1メートル72と小柄ながら切れのある直球とスライダーは国際大会でも通用した。甲子園後に、レンジャーズのダルビッシュがツイッターで「動画見たけど、これは一番だわ。プロにすぐ行くべき」とつぶやいたほど。この日は先頭打者に死球を与えたが、続く8番打者を「ダルビッシュさんをイメージして投げている」というスライダーで見逃し三振。最後の打者もスライダーで空振り三振に斬った。「凄い選手に評価してもらってうれしい。フル回転できそう」とメジャーで活躍する右腕の言葉を胸に大暴れを誓った。


PAGE TOP