社会人日本選手権で注目された選手たち

小林誠司, 難波剛太, 福島由登, 吉田一将, 東明大貴, 石川歩, 柿田裕太, 中根久貴, 鮫島優樹, 加藤貴之

 新日鐵住金かずさマジックの優勝で幕を閉じた社会人野球日本選手権、注目された選手などを挙げてみる。

来年のドラフト注目選手

 優勝したかずさマジックは岡本投手がリリーフを務めたが中継ぎで登板した加藤貴之投手が素晴らしかった。加藤投手は今年の当ホームページの仮想ドラフトで指名された投手で、拓大紅陵高校から3年目と上総出身で岡本健投手と同期、180cmの左腕投手だ。

 都市対抗野球でもリリーフで登板したが球速は130km/h中盤、しかし大きなテイクバックから一度からだの後ろに腕が隠れるフォームと、低め伸びてくる回転の良いストレートで、ストレートで三振が奪える投手だった。

 今大会でも3試合で6イニングを投げて4安打9奪三振で無失点と完璧な投球を見せて優勝に大きく貢献した。準決勝の東京ガス戦では2回1/3で6奪三振を記録している。来年は先発に回るかもしれないが、プロでも活躍できる左腕投手だと思う。来年のドラフト候補の一人だ。

 かずさマジックでは先発して好投した大学2年目の中根久貴投手も注目される左右2枚看板が揃い、来年も社会人野球の中心となりそうだ。

 

 もう一人大きく注目されたのは、三菱重工広島の鮫島優樹投手、初戦の九州三菱自動車戦で3安打8奪三振2四死球で完封すると、続くJR東海戦でも5安打15奪三振で無四球で完封した。140km/hの強いストレートとフォークボールを投げ、抜いたようなフォークボールが打者のタイミングを外していた。昨年、今年とプロからは指名を受けなかったが、来年は指名を受ける事になると思う。

 ホンダの福島由登投手も初戦の和歌山箕島球友会戦で3安打12奪三振で完封、東京ガスの難波剛太投手も2回戦でJR東日本を完封する殊勲を挙げた。高校、大学と注目されてきた投手だけに、来年もこの活躍を続けられればドラフト候補となりそうだ。

 富士重工の柳沢一樹投手も140km/h台のストレートで先発、リリーフで好投を見せたが、もう一皮むければという印象だ。東明投手が抜け先発の一角を任される来年に勝負したい。

ドラフト指名選手も活躍

 今大会は実に20人のドラフト指名選手が出場した大会だった。その中でドラフト1位選手は4人、東京ガスの石川歩投手は初戦の東邦ガス戦で9回途中まで12奪三振無失点、準決勝でもパナソニックの秋吉亮投手(東京ヤクルト3位)と投げ合って7回2安打10奪三振とドラフト1位の実力を見せた。

 JR東日本の吉田一将投手(オリックスドラフト1位)は初戦で7回途中3失点とまずまずの投球だったが、チームが2回戦で敗れ、力見せる前に終わってしまった。日本生命の柿田裕太投手(横浜DeNAドラフト1位)は2試合に先発したものの失点を重ねた。この大会だけをみると「成長途中」などと言われてしまうかも知れないが、今年はシーズンを通して好投を続けていたので、即戦力として活躍できると思う。小林誠司捕手もリード面で反省を見せていたものの打撃で、4打数2安打2打点、3打数2安打2打点と可能性を見せた。

 

 岡本健投手がMVPとなったが、決勝で敗れた富士重工の東明大貴投手(オリックスドラフト2位)も初戦のJR九州戦と準決勝の三菱重工広島戦で完封で2完封を記録した。


PAGE TOP