JR東日本・飯田哲矢投手が6回1/3で8奪三振無失点、JR九州は若手投手陣踏ん張れず

JR東日本, JR九州, 井上翔夢, 菊地翔太, 関谷亮太, 飯田哲矢

 社会人野球日本選手権の2日目、JR東日本とJR九州の試合は波乱の幕開けとなった。

来年のドラフト候補ノックアウト

 JR東日本は侍ジャパンでもエースを務めた来年のドラフト1位候補、1年目の関谷亮太投手、JR九州は今年もドラフト候補だったがチーム残留を決めていた2年目の井上翔夢投手が先発した。

 初回に関谷投手は調子が悪く1アウト満塁のピンチを背負ったものの2つの三振で何とか切り抜けると、その裏に井上翔夢選手が2つの四球や暴投などで2失点し1/3回でマウンドを降りる。そして2回、今度は関谷投手が連打などを浴びて4失点し1回1/3で5安打4失点で降板してしまう。

 その後、JR九州は福 敬登投手、そして菊地翔太選手へとつないだ。菊地投手は2回裏に1アウト1塁の場面で登板し、三振などで抑えたものの、3回は内野安打と四球から2失点してしまう。その後は粘りの投球を見せたものの、8回にも2失点と6回2/3を投げて6安打4失点という内容だった。

 関谷投手、そしてJR九州の井上翔夢投手、菊地投手にとっては厳しいマウンドとなったが、菊地投手は長いイニングを投げたこと、大切な場面で任された事もあり、来年は菊地投手が本格化するかもしれない。

 

広島カープドラフト6位の飯田哲矢投手が好投

 JR東日本は2回途中からマウンドに、広島からドラフト6位指名された飯田哲矢投手が上がる。飯田投手は140km/h前半のストレートと得意のチェンジアップで、6回1/3を5安打8奪三振で無失点に抑える好投を見せた。

 視察した広島の川端順編成グループ長も、「打者を抑えるテクニックを持っている。中継ぎを考えていたけど、先発もできるんじゃないかな」と高い評価を見せた。

 

オリックスドラフト7位の西野真弘選手にも評価

 またオリックスは森脇監督が視察に訪れ、ドラフト7位で指名したJR東日本の西野 真弘選手について、「いろんな投手に対応できる打撃スタイルと足がある」と評価した。

 西野選手は2番セカンドで出場し、初回に三塁まで進むと、投手の暴投の間にホームに生還し1点を奪うなど活躍を見せた。4打数1安打という内容だった。

 

 ドラフト組の貫禄を示した。2―2の2回1死満塁。予想より早い出番でも、飯田は動じることはなかった。「準備はできていました。点を取られてもいいから、という気持ちで思い切っていきました」。中野の適時二塁打で2点を勝ち越されたが、代打・三丸は空振り三振。その後は8回まで0を並べ、チームの逆転勝利を呼び込んだ。

 オリックスの森脇監督が見守る中、ドラフト7位指名を受けたJR東日本の西野がアピールした。「出塁と走塁。いつもの自分のプレーを見てほしかった」という2番打者は一回に安打した後、三塁から相手の暴投で俊足を飛ばして生還。「隙があればと狙っていた。うまくミスを誘えた」としてやったりの表情だった。


PAGE TOP