大阪ガス・小畑彰宏投手が3安打完封、NTT西日本は戸柱恭孝捕手が2度の盗塁阻止

小畑彰宏, 大阪ガス, NTT西日本, 戸柱恭孝

 社会人野球日本選手権は3試合が行われ、大阪ガスがJR北海道に、NTT西日本が西部ガスに勝利した。大阪ガスの小畑彰宏投手が完封、NTT西日本は捕手の戸柱恭孝選手が2度の盗塁阻止など活躍を見せた。

小畑投手が3安打完封

 大阪ガスの先発・小畑彰宏投手は、スリークォーターからのキレの良いストレートで、大阪ガスを3安打1四死球6奪三振に抑えて完封勝利を挙げた。「ストライク先行で投げられた。直球が特に良かった」と話した。

 小畑投手は鳥取西時代から184cmから140km/h中盤を投げる投手として注目をされていたものの、制球の課題などもあり外野手で出場する事も多かった。その後、青山学院では結果を残せず大阪ガスから誘いを受けて入社すると、2年目となった今年の夏にオーバースローからスリークォーターへと転向し、ストレートのキレと制球力が増した。

 今年もドラフト候補だったが、球威を増してゆけば大型右腕として来年再びドラフト候補として名前が上がるだろう。

 

NTT西日本・戸柱恭孝捕手が攻守に活躍

 NTT西日本の戸柱恭孝捕手はこの日は6番捕手で出場し、打っては4打数2安打とチャンスを作り、守っても2つの二盗を刺すなど強肩を見せつけた。

 戸柱選手は鹿屋中央から駒澤大を経てNTT西日本へ入社し2年目、今年もドラフト候補として名前が挙がっていた。強肩と安定したスローイング、そして打撃では左打席に立って器用なバッティングも見せる。

 こちらも今年も候補だったが、今大会を含めて経験をアピールを重ねれば再び候補として名前が挙がってくるだろう。期待したい。

 

 夏に上手投げからスリークオーターに改造したことも効果を上げている。「球速は上がってないですが、制球と切れがよくなった。これでいこうと思います」と新フォームにも手応え。来年のドラフトへ向け「全国大会で勝って、それを評価してもらえたら」と自信を深めていた。

 散発3安打で、二塁を踏ませず「ストライク先行で投げられた。直球が特に良かった」と頬を緩めた。

 守っては戸柱恭孝捕手(24=駒大)が2度二盗を阻止。佐々木監督は「大きなプレーでした」と先発起用の若手捕手をねぎらった。


PAGE TOP