巨人ドラフト3位・高木勇人投手好投もチームは敗れる

日本生命, 小田裕也, 高木勇人, 三菱重工名古屋

 社会人野球日本選手権の日本生命vs三菱重工名古屋の試合は日本生命が8-2で日本生命が勝利した。巨人がドラフト3位出指名した高木勇人投手は1回途中からリリーフで登板し好投を見せたものの、それ以外の投手の失点が響いた。

高木勇人投手6回1/3で1失点

 三菱重工名古屋は先発投手が1/3回を投げて5安打4失点をしてしまい、急遽初回1アウトの場面から巨人がドラフト3位で指名した高木勇人投手をマウンドに送る。高木投手はその後7回途中まで投げ、最速145km/hの速球で6回1/3を1安打に抑える好投を見せた。

 しかし7回にランナーを許し降板すると、交代した投手も失点をしてしまいその後4失点でチームは敗れた。高木勇人投手は毎年のようにドラフト候補に名前が上がりながら7年、長かった社会人のマウンドに別れを告げ、来年はプロのマウンドに上がる。

 

オリックスのドラフト8位・小田裕也選手が1打点

 日本生命はオリックスがドラフト8位で指名した小田裕也選手が9番センターで出場すると、8回にタイムリー2ベースヒットを放ち4打数1安打1打点という結果だった。ドラフト対決となった高木勇人投手には3打数でノーヒットに抑えられ、「コーナーを丁寧に突かれた」と来年以降のリベンジを誓った。

 日本生命は来年のドラフト候補・上西主起選手は不調のため出場しなかった。先発した4年目の藤井貴之投手が7回1/3を7安打9奪三振で2失点とまずまずの投球を見せた。同志社大時代は150km/hも記録した右腕だが、130km/h台の球と変化球で勝負する投手となっていた。

 

 敗戦の中で高木の好投が光った。この日最速の145キロ直球とスライダーなどを織り交ぜ、6回2/3を1安打1失点。だが勝利を呼び込めず「自分の投球はできたが、勝ちにもって来れなかったのは悔しい」と肩を落とした。

 オリックスからドラフト8位指名を受けた小田は「9番・中堅」で出場。8回に三菱重工名古屋の3番手・中根から適時二塁打を放って1安打1打点だった。しかし、巨人の3位指名右腕・高木との「ドラフト対決」では3打数無安打に抑え込まれ、「コーナーを丁寧に突かれた」と渋い顔。


PAGE TOP