NTT西日本が敗戦も来年期待の投手活躍

松田拓磨, NTT西日本, 松岡裕也

 社会人野球日本選手権大会は、セガサミーが大阪ガスに、日本生命が西濃運輸に、パナソニックがNTT西日本に勝利し、準決勝に勝ち進んだ。

NTT西日本

 NTT西日本は元福岡ソフトバンクなどで活躍した佐々木誠氏が監督を務めていたが、来年からソフトバンクのコーチに就任する予定で今大会が最後の指揮となる。準決勝で送り出したのは6年目となるエースの吉元一彦投手だったが、1回2/3を投げて6安打5失点、2回で降板をしてしまった。

 その後は4年目となる松岡裕也投手が3回を1安打1失点も5奪三振、2年目の松田拓磨投手が3回をノーヒット無四球で2奪三振でパーフェクトに抑える好投を見せた。

 試合には敗れたが関西出身の好投手を揃えて強豪として君臨するNTT西日本、来年はドラフト指名選手も出そうで楽しみなチーム、特に松田投手は昨日も140km/h後半を記録し、来年も注目投手に上がって来るかもしれない。佐々木氏がコーチとなる福岡ソフトバンクに選手の情報を伝える事にもなるだろう。

 

 その他の試合も各チームのベテランエースが登板した。準決勝はトヨタ自動車vsパナソニック、セガサミーvs日本生命の対戦となる。大阪で行われる事もあり昔から関西勢が強さを見せる傾向にある日本選手権、昨年は新日鐵住金かずさマジックが優勝をしたが、今年は関西の雄、パナソニックと日本生命が底力をみせるか。

 


PAGE TOP