第85回都市対抗野球 準決勝のカードと注目選手

第85回都市対抗野球、準決勝の対戦カードと注目選手をまとめました。

第1試合

JX-ENEOS(横浜市) 西濃運輸(大垣市)
江口昌太 182cm
80kg
2年 右右
きれいなフォームから145キロを超えるストレートが魅力、低めへのコントロールが課題 A 六信慎吾 178cm
78kg
1年 右右
広島新庄高校出身、法政大でも期待されが4年秋にようやく活躍みせた B
石川良平 捕手 173cm
76kg
1年 右右
神奈川・桐蔭学園高校出身、國學院大学の4番主将、打撃力が売りの強肩捕手 B 谷恭兵 178cm
74kg
1年 右左
左打席で力を抜いてスマートに打席に立ち、インコースを回転で引っ張り、アウトコースも手首を柔らかく使って外野に運べる B
船本一樹 投  186cm
82kg
1年 右右
桐蔭学園時代にオーバースローからサイドスローに変えて頭角を現したピッチャー B 生島峰至 177cm
77kg
3年 右左
遠投120mに足も速い選手、大阪桐蔭で全国制覇、大学でも4番務める B
石川駿 178cm
80kg
2年 右右
北大津高校出身、明治大学で副キャプテン。昨年都市対抗で3本塁打記録し注目 A 野田昇吾 167cm
63kg
3年 左左
167cmと小柄だが145kmのストレートを投げ、縦に割れるカーブと鋭いスライダーを織り交ぜる。高校日本代表も経験 B
大城基志 172cm
65kg
5年 左左
172cmと小柄だが、宜野座カーブと呼ばれる鋭いカーブは三振を奪える球で、ストレートは143kmも低めにコントロールされている B 山崎正衛 191cm
80kg
3年 右右
190cmの長身から141kmのストレートを投げる大型右腕投手で高校時代からプロ注目 B
大塚椋司 178cm
80kg
6年 右右
高校では146kmをマークし、ストレートと大きなスライダーで空振りを奪える投手、今年復活気味、まだ若い。 B          
尾田佳寛 183cm
82kg
2年 右右
広島工出身、ノビがある直球は球速以上に速さを感じ空振りが取れる B          
小室正人 172cm
70kg
2年 左左
max143kmだが、初速と終速の差が無く、多彩な変化球のコントロールが安定している B          
田畑秀也 180cm
70kg
5年 右左
桐蔭学園では大型遊撃手としてドラフト候補、3年夏には4本塁打15打点。50m5.8秒の俊足に長打も打てる。 B          

 

 第2試合

富士重工(太田市) NTT東日本(東京都)
唐谷良磨 176cm
75kg
4年 右右
桐蔭横浜大で東明大紀とバッテリー、社会人1年目の都市対抗予選で.389をマーク B 二十八貴大 175cm
78kg
1年 左左
中央大時に巨人との練習試合でも先制タイムリーを放つなど活躍 B
宮下明大 180cm
82kg
4年 右右
高校時は180cmの体格で通算30本塁打をマークしている。 B 横山弘樹 187cm
85kg
1年 右右
140km/h台のストレート、カット気味のスライダー、チェンジアップを投げる荒れ球が持ち味の大型スリークウォーター B
吉田友大 184cm
85kg
2年 右右
150kmのストレートは威力十分で、フォークで空振りが奪える本格派投手 B 高木伴 181cm
80kg
2年 右右
社会人でも147km/hのキレが良いストレート投げ、侍JAPANにも選出された A
當間一生 177cm
76kg
3年 右右
キレが良い球を投げる C 加美山晃士朗 177cm
70kg
2年 左左
ストレートは143kmもキレの良いストレートで空振りを奪える。 B
猿川拓朗
日立製作所
から補強
183cm
86kg
1年 右左
183cmのがっしりとした身体から147kmを記録する力のあるストレートを投げる。変化球もスライダー、カーブ、フォークと多彩 B 柴田駿秋 181cm
91kg
2年 右右
181cm91kgの大型スラッガー選手、高校通算35本塁打 B
          末永彰吾 175cm
65kg
5年 右右
150km/hリリーフ、コンパクトなテイクバックから投げられるストレート B

PAGE TOP