社会人野球日本選手権(2017)1日目の対戦カードと注目選手

社会人野球日本選手権が今日から開幕、1日目の対戦カードと注目選手です。

第1試合

明治安田生命
新城拓1年
170cm70kg 右左
  興南高校出身で、2年上の先輩で甲子園春夏連覇をした島袋洋奨投手に憧れて中大に進学すると、持ち前の守備力で1年生で8番セカンドでスタメン出場した。  専大戦では勝ち越しの2点タイムリー3ベースヒットを B+
玉熊将一1年
180cm80kg 右右
  スリークォーターからのストレートは右打者のインコースを厳しく攻め、コントロールの狂いが少ない安定感のある投球を見せる。  体重も1年時の68㎏から75㎏とアップしており、力強さも見られるようになった B+
木田大貴1年
178cm70kg 右右
  運動センス抜群で走攻守三拍子揃っている能力が高い内野手 大学では4年春のサードのレギュラーを獲り、打率.333でリーグ4位の成績を残した。 秋は4番として法政大との3回戦でホームランを放つ。 B
泉澤涼太2年
185cm80kg 右右
  高校時代は長身から130キロ中盤を投げ下ろす、将来性の高い投手と注目された。 大学では投手に取り組んだものの伸び悩み、打者に転向すると、4年時はチームの主軸を任される選手になった。 センスある B+
上田晃平3年
178cm77kg 右右
  大きく縦に割れるカーブ、カットボール、フォーク、スライダーをコース良く投げわけ打たせて取るピッチングが持ち味 愛媛県立南宇和高校から中央大学に進む、大学では1年秋から登板し2年春の駒澤大学戦で B+
三宮舜2年
173cm73kg 左左
  左腕として腕が体の後ろに隠れ、スムーズでコンパクトなテイクバックができており、腕の振りも素晴らしくバランスも良い。  ストレートは130km台だが左打者インコースへの球はキレがあり、外角低めのコント B+
道端俊輔2年
175cm80kg 右右
  甲子園に5度出場した甲子園の申し子。遠投110mの強肩はセカンドまでのスローイングが1.9秒台をマークする。多彩な投手陣をリードし、AAAアジア選手権でも代表入りした。しかし打撃のある近藤健介選手が起 B+
吉田大成1年
174cm74kg 右左
  打撃センス抜群で逆方向にも長打を打てる強打者 B
大久保匠4年
177cm78kg 右右
  花咲徳栄から明治大へ進み明治安田生命に入った。  制球はまだまだも145km/hの球威のある球を投げる。 B-
小林昌樹2年
182cm75kg 右右
  142㎞をマークするストレートを投げるが、ほとんどは130㎞前半で変化球とのコンビネーションが持ち味となっている。 B-
和歌山箕島球友会
穴田真規4年
180cm80kg 右右
  中村紀洋選手を育てた長谷至康監督からノリを越える長打力と評価されるなど、長打力は凄まじく、120mを越えるアーチを放つ。ただし打撃の確実性はまだ粗くて当たれば飛ぶという印象。143kmをマークする強肩 B+
松尾大輝2年
170cm66kg 右右
  甲子園ではエースナンバーである背番号1を背負った小柄な右腕。今後の動向に注目。 C
田中良輔3年
181cm72kg 右右
  直球の球速は常時140弱~143、真横へ滑るスライダーの他、カーブ、チェンジアップ、ムービングファストボール等多彩な変化球を駆使し、粘りの投球でイニングを稼いでいくタイプ B
西口稔基4年
173cm70kg 右右
  上宮高校→成美大学 打撃は、 高校時代の長打力に加え鋭い打撃も身につけリーグ戦では常に首位打者を争っている。守備は、ショートで抜群の守備力。群を抜いている感がある。2年時から3年連続オールスター出場。 B
寺岡大輝3年
177cm80kg 右右
  (福井工大福井-大阪産業大-和歌山箕島球友会) 2015都市対抗予選で日本生命戦で注目される B-
水田信一郎7年
177cm87kg 右左
  東洋大姫路高校-神戸学院大学 従来強肩とインサイドワークが成長著しい クラブNO1の捕手 B-
北面成也4年
173cm70kg 右右
  これまでのスリークオーターからやや腕を下げたフォーム 球速以上の球の切れと手元の伸びには注目  
和田拓也2年
182cm84kg 左左
  2015秋季京滋大学野球リーグ戦 最優秀投手 2017全日本クラブ野球選手権大会 最高殊勲選手  

 

第2試合

Honda
齋藤友貴哉1年
184cm92kg 右左
  肩肘柔らかい鋭い腕の振りで最速150km/hのストレートを投じる大型右腕、変化球は縦横2種類のスライダー、カーブ、スプリット等 山形中央高校時代は控え投手、桐蔭横浜大学では3年春からベンチ入り B+
田村圭裕1年
183cm82kg 左左
  ストレートは130km/h台中盤~140km/h前半、スライダー、カーブ、チェンジアップなどを制球良く投げる軟投派投手。 1年秋のリーグ戦で自己最速を7km/h更新する最速144km/hをマー B+
布袋翔太2年
175cm79kg 右右
  がっしりとした体格から強烈な打球を飛ばす鳥取城北の右スラッガー。 スイングスピード152キロプロの選手もおどろくであろう。1年秋から3番ライトで出場ソロホームランも放った。2年では2打席連続ホーム B+
松田進1年
187cm82kg 右右
  184cmの大型遊撃手として、井口2世と呼ばれる注目の選手。2010年秋季大会の桜美林戦でホームランを放ち、2本の2ベースヒットなどで6打点を上げる活躍をみせた。  守備では3失策と苦い経験をしたが B+
山本兼三1年
177cm83kg 右右
  日本航空石川出身のスラッガー、大学3年春には打率.325で2本塁打8打点の活躍を見せ、大学野球選手権でも初戦の近大工学部戦でホームランを放つと、準々決勝の九産大戦でも高良一輝投手の145km/hの速球 B+
佐藤竜彦1年
182cm83kg 右右
  父はヤクルトなどで活躍した佐藤真一氏。父譲りの大きな体で打撃に力がある、50m6秒の俊足もある。  立教大4年春の優勝を争う明大戦では、星知弥投手の149キロをレフトスタンドの深くまで運ぶホームラン B
井上彰吾5年
181cm81kg 右左
  リストの利いた打撃で広角に強い当たりを放つ好打者。一発長打を秘める。 50m5秒9の俊足。遠投120mの強肩ライト。 A
辻野雄大2年
179cm80kg 右左
  すらっとした体型から力負けしない勝負強い打撃が持ち味の捕手、hondaでは入社1年目の夏から正捕手。 遠投110mを超え、セカンド送球は1.9秒台をコンスタントに計測する。 波崎柳川高校では2 B+
永野将司2年
181cm82kg 左左
千葉ロッテ6位
  今年一番の成長株の投手。伸びのあるストレートは同期の奥村よりも上と評価、スライダー、スプリット、チェンジアップの変化球もキレは抜群であり三振を取れる投手。遠投110m 50m 6秒2と身体能力も高い。 B+
福田大輔3年
180cm75kg 右右
  トルネード投法からチェンジアップ・スライダー等を中心に組み立てる技巧派、ストレートは常時140km/h前後を計測する 九州国際大学付属高校出身、3年夏はエースで県ベスト8。白鴎大学では1年秋から B+
村井昇汰2年
174cm61kg 右右
  1年生時から期待の遊撃手で、打撃でも3年春まで通算33本塁打。2年生で出場した夏の甲子園でも9番打者ながら1回戦、2回戦で2試合連続ホームランを放つ。  遊撃手としての守備力の高さが光り、攻守両 B+
遠藤雅洋2年
175cm78kg 右左
  遊撃手も守るスラッガーで、175cmと小柄ではあるが場外弾を放つパワーも持つ。 甲子園で有原航平投手、島袋洋奨投手などと対戦し実績を残した。高いレベルでも柔軟に対応できる選手。 B
幸良諒2年
180cm82kg 右左
  チェンジアップ、スライダー、シュートなどの変化球と切れの良い145キロの速球で、詰まらせて打ち取ることができる投手。 B
鈴木薫2年
175cm76kg 右左
  50m5.9秒の俊足が光る外野手、大学4年春のリーグ戦で3回にランニングホームランを記録、大学1号ホームランとなった。その試合の9回にはサク越えの3ランホームランも放ち、1試合2本塁打を記録した。 B
王子
東郷太亮1年
182cm73kg 左左
  キレが良い球を投げる期待の左腕投手。 高校2年生の春に143km/hを記録、常時130km/h後半を投げられるようになり、182cmの大型左腕投手と言う事で、早くも注目を集めている。 B+
中林流星2年
170cm72kg 右右
  50m6秒の足を持つ小柄な快速スラッガー、高校通算16本塁打 常葉菊川高校では3年夏のシード校/藤枝明誠戦で4打数3安打6打点と活躍、草薙球場バックスクリーンに特大本塁打を放った B+
横尾蓮太1年
182cm85kg 右右
  均整のとれた体型から柔らかい投球フォームでストレートは最速148km/hを計測する、スライダー、フォークなどを投じる。 2年春の県大会/浜北西戦で最速143km/hを計測し注目を集める、3年春に B+
中内洸太1年
174cm74kg 右左
  今治西高校では3年夏にエースとして甲子園に出場するも、甲子園では桐光学園・松井裕樹投手に22奪三振を記録されて敗れた。  その悔しさから成長し、関学大1年の秋の同志社大戦で5回からリリーフすると B+
神鳥猛流2年
182cm93kg 右左
  愛知大学野球連盟屈指の強打者、亨栄高校時代に通算32本塁打を放った三塁手 中部大では1年からスタメンを獲得、2年春は優勝した愛知大学戦で9回裏に逆転サヨナラ満塁ホームランを放つなど勝負強さも兼ね B+
近藤均5年
177cm80kg 右右
  福知山成美高(甲)→関西大  福知山成美高時代は、2008年夏の甲子園に背番号1で出場。2回戦で常葉菊川に敗れたものの、9回から登板し打者3人で抑える好投をみせ、直球の最速は141キロを記録。 B+
畑瀬聡史3年
180cm77kg 右左
  関大北陽高校出身で高校時は140km/hを記録する投手として注目された。 関西大では3年生となった春の関学大戦で初先発し、9回を4安打6奪三振1失点で完投勝利を挙げた。 B+
宮下一歩3年
179cm86kg 右右
  京滋学生リーグでは数々の賞を獲得しているリーグ屈指の強打者、ポジションは一塁手or指名打者 大学2年時には既に4番打者、明治神宮大会の三重中京大学戦で現楽天イーグルス則本昂大の140km/h台 B+
大宮慎司3年
174cm73kg 左左
  左から鋭い腕の振りで、左打者の外角の出し入れができる。 球速は140キロ前後だが、変化球でもストライクが取れる。 B
細川勝平2年
176cm79kg 右右
  1年生の入学直後の春リーグから正捕手を任される。 強肩、スローイングのコントロールの良さは秀逸。 この捕手から盗塁するのは困難。打撃も勝負強く ランナーが居る場面で強さを発揮。2014秋リ B
横川駿2年
168cm70kg 右左
  小柄だが高校時は通算84本塁打のパワーの持ち主。 神港学園のグラウンドはホームランが出やすいため、数には考慮すべき点もあるが、大学でも3年4年と主軸として活躍を見せた実力は本物。 高校2年時は B

 

第3試合

三菱重工神戸・高砂
根来祥汰2年
173cm68kg 右左
  ファーストまでのタイムが常に3.8秒以内でプロも驚愕の足を持つ。屈指のスピードスター候補。 B+
佐藤大誠1年
178cm72kg 左左
  球速表示より速く感じるキレが良いストレートが魅力! カーブ・スライダー・チェンジアップの質も良い。 B+
藤原隆蒔1年
177cm78kg 右右
  強肩で守備範囲が広い三塁手。センス抜群な選手。センターや逆方向へも長打を打てる。 B+
山田和也4年
178cm76kg 右左
  常にセットポジションから140km/h前後のストレート・スライダー・カーブ・チェンジアップ・ツーシーム・フォークなど多彩な変化球をテンポ良く投げ打たせて取る 筑波大3年時に急成長、秋のリーグ戦で B+
西岡武蔵3年
183cm75kg 右右
  甲子園では4番ファーストとして出場し、鋭いスイングから放たれる長打にパワーを感じさせた。チームを準優勝に導く。 B
尾松義生2年
175cm72kg 左左
  2年生の春季2部リーグでは4勝0敗、防御率0.58、31イニングで28奪三振と打たせて取るピッチングでリーグトップの成績を残した。  入れ替え戦では初戦を任されたが3回2/3で7安打5四死球、 C
木村侑輝2年
172cm72kg 右左
  敦賀気比出身の捕手、身体は大きくないがフットワークに優れ、また打撃でも巧打でヒットを打てる捕手。 C
フェデックス
金井貴之1年
179cm88kg 右右
  転校したため高校2年での公式戦の登板は無かったが、145kmをマークするなど期待の投手。  130km後半のキレの良いストレートが武器だが、制球や変化球はまだまだの粗い選手。  広島、福岡 B+
景山貴也4年
175cm74kg 右右
  小柄ながらMAX147㌔のストレート 常時140㌔台を記録する B+
小田晋太郎2年
181cm80kg 右左
  とにかく足が速い選手。一塁到達タイムは4秒を余裕で切ると思われる。 打撃も広角に打ち分け、力もある。 B
小岩井僚太1年
174cm70kg 右右
  前橋育英高校卒業後に2年間米国に野球留学したアンダースロー投手、オーバースローでは140km/hを超えるとの事 前橋育英高校出身、3年春に甲子園ベンチ入りも出場なし。卒業後はアメリカに2年間野 B
丸山陵司2年
178cm75kg 右右
  強肩強打の能力が高い捕手 肩がとても強い。盗塁を許したところを見たことない。 リードもピッチャーの良さをしっかり引き出せる。 打撃は器用でしぶといバッター。 B
森春樹3年
右左
  走力に長けている 塁間タイム3.48 西濃運輸の中村をも凌ぐ B
諸星匠哉3年
171cm80kg 左左
  明星高校から首都大学リーグ所属の明星大学へ進む 気合を前面に出した投法で明星大学の1部昇格の原動力となる 変則サウスポーで投げる際に右ひじを上手く動かすことで 実際の球速より速く見せている。 B-

PAGE TOP