都市対抗野球第10日目の対戦カードと注目選手

都市対抗野球本選10日目の対戦カードと注目選手をまとめます。
都市対抗野球(2018)の出場チームと注目選手一覧

第1試合

JR西日本
嶋谷将平1年
180cm83kg 右右
  2年生ながら四番をつとめている。 B+
岡田和馬1年
180cm70kg 左左
  威力があるストレートを武器に力で押し込める力があるピッチャー B+
原田拓実2年
176cm67kg 右左
  足が速くミート力もあり野球センス抜群です。 B+
藤塚卓志1年
182cm88kg 右両
  がっしりとした土台があり、腕を振りぬくことができる。 最速149キロを記録するストレートと、キレ味鋭いスライダーが武器で、空振りも奪える。 堀越高校時は140キロが最速だったが、大学で149キ B+
伊與田一起2年
165cm68kg 右左
  リードオフマンとして俊足を見せるほか、3番打者として外野の頭を超える強い打球も持ち味。  サードとしてプレーしていたが、セカンドでも守備に定評がある。 明徳義塾高校では2年生の夏に1番サードで B+
春原直登5年
173cm73kg 右左
  50mを5秒台で走る走力とリーグ戦2本塁打のパンチ力で神奈川のベストナインを獲得。 高校時代から注目されてきた逸材。 B+
佃勇典4年
178cm75kg 右左
  広島商業出身。140km/h前後のストレートとカットボールなどで打たせて取るピッチング。拓大では3年春に2部で3勝2敗、防御率5.40も入れ替え戦で5安打4奪三振で専修大を完封した。 B+
鳥居丈寛2年
173cm82kg 左左
  がっちりとし体格から腰の据わった鋭いスイングから長打を打つ。 逆方向へ上手く打てる器用さや足の速さもある。 B+
西川昇吾3年
177cm80kg 左左
  日本福祉大に入学すると、2年生の春に14試合中12試合に登板し延長10回を一人で投げるなど快投を見せた。  1部残留をかけた最終戦で愛知大を完封し、大学初完投初完封。 B+
西山統麻3年
174cm89kg 右右
  強豪智弁和歌山で、下級生からマスクを被る強肩強打のキャッチャー。 中学時代はU-15の日本代表に選ばれる。 肩が非常に強く、また打撃でも1年秋の近畿大会で本塁打を放つなどパワーがある。 B+
山下仁2年
178cm86kg 右右
  140km/h前後の動くストレートを軸に チェンジアップ、スライダー、カーブ、ツーシーム、カット等の多彩な変化球をテンポよく投げわける安定感のある投球をみせる 神戸市立須磨翔風高校出身。 上武 B+
蔵桝孝宏3年
176cm78kg 右左
  打撃センス抜群の外野手! B
佐藤直樹2年
177cm78kg 右右
  強肩 長打 俊足 B
新谷貴幸2年
186cm76kg 右右
  長身細身から投げ下ろす直球が魅力 広島国際親善野球大会で中国選抜の抑えとして活躍 B
田村強3年
181cm77kg 右右
  今秋リーグ戦より5番ショートでデビュー。1年だが全試合出場し、結果を残している。 リーグ戦優勝決定戦では同点からの9回に、2点2塁打でチームの優勝に貢献。 松葉、宮川投手を見にきていたスカウト陣に B
斎藤祐太3年
177cm75kg 左左
  キレの良い速球を内外角に投げ分ける、制球力の良い投手。 B-
JR東日本
太田龍2年
190cm90kg 右右
  鹿児島の大型右腕 3年春のNHK旗で149キロを記録、140キロ後半のスピードボールすごい 2年時は春は走り過ぎて右足付け根を疲労骨折、5年春も肩を痛めるなど故障が少なくない。 A
糸野雄星2年
173cm75kg 右右
  打撃センスは抜群である。主将として立浪2世的な存在であり、リーダーシップ抜群である。長打力とパンチ力があり本塁打も打てる。投手としてもセンスがある。 B+
西居建陽1年
182cm74kg 左左
  左のスリークォーターから、鋭い腕の振りで投げられるキレの良い球は、球速は140キロ台前半でもバッターに怖さを生じさせる。 大学4年春にリーグ戦初勝利を挙げると、一気に3勝を挙げてブレーク、昨年全国覇 B+
西田光汰2年
178cm75kg 右右
  本気で投げてないように見えるボールは威力十分。 細かいコントロールは無いが、球速以上のボールを投げる。 2年秋の関大北陽戦で14奪三振2失点完投勝利 B+
服部創太1年
179cm73kg 右右
  強肩強打俊足の3拍子揃った細身の外野手、東海大相模高校では最後の夏に4番打者を務めた 国際武道大学に進むと1年春から中堅手のスタメンを獲得、主に1番や3番として出場し1年生ながらチーム最多の20 B+
山口裕次郎2年
180cm87kg 左左
  履正社140km/hクインテットの一人。力のある直球を投げる。 B+
吉沢岳志1年
176cm70kg 右右
  2013夏の甲子園では内田にかわってキャプテンをつとめた。身体能力の良さが魅力の遊撃手。 B+
国松歩4年
180cm80kg 右右
  中学生で177cmから140kmの速球を投げる投手として注目され、静岡商でも1年生からエース格として活躍を見せた。しかしその秋に右手のしびれと握力低下が発生し、2年春に打者へ転向した。   B+
小室湧未2年
右右
  春季神奈川県大会優勝の立役者。 練習試合では大阪桐蔭高校・藤浪晋太郎から本塁打を放った。 現在、高校通産44本らしい 春の大会 4回戦、慶應高校戦9回2死1塁からセンターオーバ B+
佐藤拓也2年
171cm71kg 右左
  投手としては130km前後のストレートと大きなカーブにツーシームを同じフォームで投げる事ができ、粘りのピッチングが持ち味。だが千葉経大付戦では7奪三振で完封するなど、シャットアウトする投球も見せられる B+
永谷暢章3年
187cm86kg 右右
  力強い腕のふりから勢いがある球を投げる力があるピッチャー。 1年時に既に147km/hを記録し、秋季大会は公式戦4試合19回2/3を投げて20奪三振を記録。しかし18安打に8つの四死球を与えて防御 B+
長谷川拓真4年
178cm78kg 右右
  東海大菅生出身の内野手、大学ではセカンドを守り4番も打つ大型内野手として期待。 B+
板東湧梧5年
180cm65kg 右右
  3年生の選抜大会、2回戦・宇都宮商を4安打3奪三振1失点完投勝利、3回戦・聖光学院戦では10安打4失点で敗れた。  春季四国大会では準決勝で今治西を完封、多彩な変化球と正確なコントロールを持つ投手。 B+
丸子達也3年
186cm87kg 左左
  高校時代に通算46本塁打を放ち、大型スラッガーとして注目されたものの、確実性や積極性の課題が指摘された。 早稲田大では3年生までの6シーズンで15試合程度しか出場できていなかったが、4年春に12 B+
吉永健太朗3年
182cm75kg 右右
  日大三で夏の甲子園を制覇し、AAAアジア選手権でも決勝の韓国戦で1失点も1安打13奪三振とほぼ完ぺきに抑えた。バランスが良く綺麗なフォームが特徴で、ドラフト上位候補として評価された。 大学でもその勢 B+
渡辺和哉3年
176cm82kg 右右
  文星芸大附時代の3年春の大会で3本塁打を放ち注目された捕手で決勝戦で盗塁を3度刺し肩の強さも見せた。 専修大学に入学するもすぐに右肩の手術を受け、練習開始は11月からとなった。2年春には国学大戦 B+
大澤信明4年
184cm80kg 左左
  大型のサウスポーで滑らかなフォームで投げてくる。ストレートのノビ、キレは中々いいものを持っている。チェンジアップでカウント、空振りをとれる。 B
拝崎諒2年
182cm76kg 右左
  昨年センバツで波佐見・松田遼馬の高め直球を捉え、ライトへ痛烈二塁打。 瞬発力光る。 B
平木隆世2年
183cm70kg 左左
  長身左腕で、必由館出身という事もあり、岩貞祐太2世と注目されている。球速もコントロールもまだまだで成長途中の選手。 B

 

第2試合

鷺宮製作所
土谷恵介1年
174cm72kg 右左
  夏の甲子園ではサヨナラヒットやチャンスに強いバッティングで注目された。 守備でも、遊撃手として守備範囲の広さや肩の強さは今大会でもトップクラスだ。 B+
森光司3年
179cm76kg 右左
  浦和学院高校監督森士の次男。高校時代は捕手としてプレー。 B-
安達大貴3年
182cm85kg 右右
  181cmの長身から146kmのストレートを投げる本格派投手で2年生の時に活躍をみせた。 3年生となり注目されたが、肩を痛めて制球を乱し敗退した。 ストレートとスライダーを軸に決め球のカーブと B+
渡辺政孝4年
178cm85kg 右右
  九州学院出身の右腕、安定した下半身から余裕のあるフォームで速球を投げ込む。巨人・菅野智之投手に近い感じ。 B+
齋藤英輔5年
178cm76kg 右両
  腰を低くしタメを作ってのストレートは力があり、シュート系の球で右打者のインコースを突くピッチングを見せる。  大学ではスライダーに磨きがかかり、リリーフで登板した時は150km近いストレートとスライ B
中山俊4年
176cm75kg 右右
  リーダーシップを感じさせる雰囲気のある選手で抜群の脚力とフットワークの良い内野守備の持ち主 駒沢苫小牧高校・東日本国際大学で主将を任される。南東北大学リーグでは3年春・4年春に盗塁王、4年春は B
保戸田則裕2年
179cm85kg 右右
  高い打率を残す器用な打撃と強肩で広い守備範囲を持つ北東北大学連盟屈指の遊撃手。 青森大学で早くから遊撃手でレギュラーを獲得、4年秋は打率.487の高打率を残し首位打者と優秀選手賞を獲得、3度目 B
山原泰士3年
178cm84kg 右右
  PL学園出身の内野手で、大学では3年生で大学野球選手権に出場し、8番ショートで出場すると、初戦の西日本工大戦と準決勝の愛知学院大戦でホームランを放った。 B
吉濱雅斗5年
179cm79kg 右右
  強打の内野手。 高校時代は現在広島の中村の前を打ちチームに貢献。 横浜商大時は平成24年時の春のリーグ戦でベストナイン B
大坂智哉2年
175cm90kg 左左
  どっしりとした構えから強い打球を見せる。4番ファースト。 しかし器用な所があり、相手投手のモーションを見て盗塁も決める。 B-
三菱重工神戸・高砂
根来祥汰3年
173cm68kg 右左
  ファーストまでのタイムが常に3.8秒以内でプロも驚愕の足を持つ。屈指のスピードスター候補。 B+
佐藤大誠2年
178cm72kg 左左
  球速表示より速く感じるキレが良いストレートが魅力! カーブ・スライダー・チェンジアップの質も良い。 B+
藤原隆蒔2年
177cm78kg 右右
  強肩で守備範囲が広い三塁手。センス抜群な選手。センターや逆方向へも長打を打てる。 B+
山田和也5年
178cm76kg 右左
  常にセットポジションから140km/h前後のストレート・スライダー・カーブ・チェンジアップ・ツーシーム・フォークなど多彩な変化球をテンポ良く投げ打たせて取る 筑波大3年時に急成長、秋のリーグ戦で B+
飛嶋真成7年
183cm85kg 右右
  力がある球を投げるピッチャー B
西岡武蔵4年
183cm75kg 右右
  甲子園では4番ファーストとして出場し、鋭いスイングから放たれる長打にパワーを感じさせた。チームを準優勝に導く。 B
守安玲緒9年
180cm78kg 右右
  大阪府大阪市出身で小学校1年生から野球をはじめた。  愛知・菊華高校に入学すると2年生までは遊撃手としてプレーしていたが、3年に投手に転向した。  富士大学に進学すると1年生の春季リーグ B
皆川仁2年
178cm78kg
右左
日本生命
  高い打率残す打撃センスの高い外野手 B
原田拓実4年
185cm82kg
右左
日本生命
  セカンド、サードを守るスラッガーで長打力がある B-

 

第3試合

セガサミー
飯田大翔1年
178cm 右
  本格派右腕として注目。2年春の九州大会で公式戦初登板し、9回4安打1失点と好投を見せた。 B
森井絃斗1年
183cm86kg 右右
  馬力があり強靭な下半身をいかして勢いがあり重い球を投げるピッチャーだよ。 中学時に132キロ、高校1年で140キロ、高校2年春に147キロと成長を見せている。 プロ志望ではあるものの、「変化球 A
北川智也1年
165cm67kg 右左
  積極性と変化球に巧みに対応する器用さを併せ持つ打撃が持ち味だ。課題は筋力強化。秋からウエートトレーニングに取り組み、「体の軸が安定した」と手応えを感じている。 2年秋の明治神宮大会では履正社戦で4打 B
東範幸2年
175cm73kg 左左
  140前後だがキレのある球と、大学時代から武器としてきた沈むボール、さらにフォークボールも取得し成長している。セガサミーでは「1年目から結果を出してプロに行きたい」としている。 履正社時代は東野龍二 B
木村天響2年
182cm80kg 右右
  強肩強打の能力が高い捕手 B+
草海光貴2年
167cm57kg 右右
  柔らかい打撃が持ち味のリードオフマン 守備は県内トップレベル B+
北阪真規1年
177cm77kg 右左
  日大では4年秋に4番を打ち、打率.324、3本塁打の活躍を見せる。 セガサミーでも1年目から都市対抗出場を決めるサヨナラ打を打つなど活躍をしている。 B
石垣永悟4年
184cm78kg 右右
  中学時代から注目されていたピッチャーだが、桐蔭学園高校時代は怪我があり伸び悩んだが、中央大学で素質が開花した本格派右腕。 B+
氏家優悟4年
178cm72kg 左左
  古川学園高校時代に球速が30キロ以上upし140キロ台の速球を投げられる様になり注目された左腕! B+
越智洸貴2年
184cm75kg 左左
  力があるピッチャー B+
島津瑛向3年
186cm85kg 右右
  186cmの長身から角度のある最速148km/hのストレートとフォークボールを武器にする、カーブ・スライダー・シンカーも球種として持つ。 城西大城西高校から上武大学に進む、上武大学では2年春に B+
森脇亮介4年
173cm65kg 右右
  無駄のないきれいなフォームを持っており、試合を作る力も付けてきた。あとは実績だけで、夏の大会での投球によりドラフト指名が見えてくる。  もう少しでプロ入りのところにいる選手だと思う。 B+
江藤圭樹6年
171cm71kg 右左
  明治神宮大会九州代表決定戦準決勝で、九州共立大の大瀬良投手から先頭打者ホームランを放った逸材。チームでは2年時より一番打者を任されており、長打力を兼ね備えたバットマンである。また二塁手を守り安定した守 B
喜多亮太5年
176cm70kg 右右
  大阪市立鶴浜小学校から大正西中学校で中学時代は大正シニアでプレーした。  敦賀気比高校に入学すると、3年生となった2013年センバツ大会に出場し、準々決勝の聖光学院戦でホームランを記録した。 B
陶久亮太6年
177cm68kg 右右
  130km中盤~140kmのストレートとシュート、シュート気味に沈む球を駆使して、良いテンポで相手を押さえていった。完成度の高い投手でコントロールの不安も感じさせなかった。ドラフトを考えるともうすこし B
横田哲5年
171cm70kg 左右
  平均130km/h台前半から半ばだがキレのあるストレートで強気に内角を突く、速球と変わらない腕の振りから繰り出されるチェンジアップで空振りを奪う実践力の高いサウスポー、ピンチでの粘り強さも魅力 B
新城拓2年
170cm70kg
右左
明治安田生命
  打撃ではチャンスに強く、守備でも攻めていくプレーで勢いをつける B+
吉田大成2年
174cm76kg
右左
明治安田生命
  50m6.0秒の足と延長115mの強肩持ち味 B
JR東海
竹村春樹1年
175cm71kg 右左
  2年生となった2012年の秋季大会では公式戦で打率.298も3本の2ベース、3本の3ベースを放った。5盗塁を決めるなど50m6.0秒の俊足を活かしたプレーが目立つ。 走攻守三拍子揃った遊撃手! B+
森奎真3年
182cm70kg 右右
  キレが良い球を投げるピッチャーだよ。 B+
秋元秀明2年
186cm80kg 右左
  中学時代は有名な遊撃手で高校でも通算20本塁打を放つ。高校から本格的に始めた投手でもこの1年間で球威がアップし、3年夏の大会ではノーヒットノーランを達成した。  巨人、東京ヤクルトなどプロ複数球 B+
今村亮2年
178cm73kg 右右
  テークバックの際に上体が上を向く変則的なフォームから140km/h台後半のストレートと鋭く落ちる変化球を投じる、変則的なフォームだが制球はまとまっている。 市立沼津高校時代は主に中堅手だったが B+
川本祐輔3年
180cm80kg 右右
  広島県尾道高校出身で、三年時の春季大会で山陽高校を2安打完封するなど、スリークォーターからキレの良い球を投げていた。  亜細亜大学に進むと腕は上からに近いところまで上がり、ストレートは143キロ、 B+
木部拓実2年
182cm74kg 右右
  高校時は182cmから145kmのストレートにキレの良いスライダーを投げれたが、試合では130km台に抑えて制球力を重視して投げていた。  大学では150km/h台を連発し、さらに成長を見せてい B+
竹内司2年
178cm72kg 右左
  チームの先頭打者として、選抜の天理戦では9球ねばった後にレフト前にヒット。出塁すれば、 すかさず、盗塁を決めるなど、まさに彼の真骨頂が1回のプレーに凝縮されていた。 「機動破壊」を旗印にする同校を B+
長曽我部竜也4年
170cm62kg 右左
  バットを短く持ち、粘っこい打撃をする出塁率の高い左打者 大学3年春に遊撃手のポジションを獲得、9番打者としての出場で打席数こそ少ないが首位打者のタイトルを獲得した、大学選手権では全4試合で7四 B+
若林篤志3年
179cm74kg 左左
  北海道栄高校時代からプロのスカウトが注目していた逸材。 キレが良いストレートと多彩な変化球で相手打者を翻弄するピッチングが持ち味。 B+
秋田千一郎2年
180cm80kg 左左
  がっちりとした体格の本格派左腕 最速143キロのストレートは角度があり その直球を生かす落差の大きいカーブをもつ 他にも縦スライダーにツーシームを持っていて崩れにくい投手 B
川瀬遼大3年
170cm70kg 右右
  小柄な体格を生かした俊敏さが持ち味。 ミートが上手くバットを引きつけ強い打球を打つ。 守備もソツなく走塁も1つ先の塁を狙う積極性とうまさがある。 相手チームには厄介な曲者タイプ B
佐藤大将6年
172cm72kg 右左
  俊足で広い守備範囲をもつ選手 セカンド、サード、ショートを守る 2年秋の新チームからはショートを主に守る 打撃力もあり力強いバッティングができる 春日井市立藤山台中学校時代は、中学軟式野球 B
白川貴一8年
173cm75kg 右左
  九産大九州高校出身。    九産大に入学すると1年生の春季リーグからいきなり正捕手となりリーグ制覇に貢献した。全日本選手権では1試合だけで終わり4打数1安打。  元々強肩が魅力だったが2年生 B
古田尚平2年
180cm78kg 右右
  最速143キロの速球とカットボールを織り交ぜる。 大学3年秋に2勝を挙げると4年生の春に4勝を挙げて最多勝、チームを大学野球選手権に導いた。 B
秋利雄佑2年
185cm82kg
右左
三菱重工名古屋
注目
  アメリカでプレーし、ホームラン、走塁などで結果を残した大型選手 B
鈴木光3年
170cm67kg
右左
ヤマハ
  50m5.7秒の俊足選手で大学時代は盗塁と打率で注目された B+

PAGE TOP