九共大・大瀬良大地投手が2番手で延長まで好投も敗れ、4年間の大学野球を終える、プロ4球団のスカウトが最後まで注目

九共大, 大瀬良大地

 福岡六大学リーグでは、九州共立大vs日本経済大の試合が行われ、九州共立大が敗れて4位が決まり、明治神宮大会への道が断たれた。

 3-5で迎えた6回からドラフト候補の大瀬良大地投手が登板すると、9回まで無失点に抑えると味方が9回に土壇場で追いつき延長戦に入る。11回までは無失点を続けたものの12回、2アウト2,3塁の場面で2点タイムリーヒットを浴びて2失点、敗戦投手となった。昨日は先発して7回まで1失点も8回に5失点、しかも2アウトからの失点という事で同じミスを繰り返してしまった。

 しかしそれを責める事はできない。主将を務め、先発も一人で守ってきたといっても良いだろう。そして昨日の131球完投に続いて、この日も7イニング125球を投げた。4年生での大瀬良投手には多くがのしかかっていた。大瀬良投手は試合後に涙の会見をし、「最後は疲れて、打たれて当然の球しか投げられなかった」と疲れを認めた。「最後は笑って終わりたいと思っていた。早く終わってしまってすごく寂しい。」と話した。

 そしてドラフト会議に向けて「今までやるべきことはやってきた野球人生に期待したい」と少しの心配も見せていた。この日は4球団のスカウトが視察に訪れており、プロの注目度は変わらない。そして大瀬良投手の4年間の成績を見てみる。

リーグ 試合 勝敗 投球回 被安打 自責点 防御率
10年春 8 5勝0敗 43 33 3 0.63
10年秋 3 3勝0敗 27 21 4 1.33
11年春 8 5勝1敗 47 33 5 0.96
11年秋 6 5勝0敗 43回2/3 26 2 0.41
12年春 7 7勝0敗 59 43 10 1.53
12年秋 5 4勝0敗 36回2/3 18 2 0.49
13年春 11 5勝3敗 69回1/3 40 7 0.91
13年秋 8 4勝4敗 53回1/3 1.99

 4年間で38勝8敗、敗戦は今年1年だけで7敗、防御率も1点台は3シーズンのみと抜群の成績を残している。最速153km/hのストレートに鋭いスライダー、フォークを投げ、制球力もある投手をプロが放っておくわけが無い。ドラフト会議では球団同士の駆け引きがあっても、東浜巨投手と同じ程度の3球団くらいが指名してくると見られる。今年のドラフトは、高校生なら松井裕樹投手、社会人なら吉田一将投手、そして大学生なら大瀬良大地投手がNO1というのは揺るがない。

大瀬良、涙の終戦、延長12回力尽き、九共大4位  - 西日本スポーツ紙面:2013/10/8

 


PAGE TOP