法大・石田健大投手が2被弾で2敗目、早大・中澤彰太選手が勝ち越しホームラン

早大, 法大, 玉熊将一, 石田健大, 竹内諒, 中澤彰太

 早稲田大vs法政大の2回戦は法政大が5-4と勝ち越した8回に昨日先発をした石田健大投手がマウンドに上がったが、2本塁打を浴びるなど5失点して敗れ、早くも2敗目となった。

共に2年生が先発

 有原航平投手と石田健大投手の4年生が先発した両大学、2戦目は早稲田大が竹内諒投手、法政大が玉熊将一投手の2年生が先発を任された。竹内投手は松阪高校時代に甲子園にも出場している180cmの大型左腕投手、最速148km/hではあるが甲子園では130km/h前半で大きなカーブを武器とするスタイルを見せていた。

 この日は4回1/3を投げて4安打3奪三振2失点で勝ち負けは付かなかった。まだレベルの高い東京六大学で先発として勝ちきるところまでは行っていない。もっと経験を積んでさらにストレートのスピードもつけていってほしい期待の投手だ。

 一方、法政大は昨年秋に145km/hを記録するなど成長著しい玉熊将一投手が先発したが、この日はピリッとせずこちらも4回1/3で7安打3奪三振2失点という内容だった。両大学とも有原航平投手、石田健大投手が今年最後となり、来年以降に向けて出てきて欲しい投手だろう。

 

石田健大投手連投

 早稲田大は不調の吉永健太朗投手が2番手で登板したが7回に四球などでピンチを招くと勝ち越し点を与え、法政大に3点を与える。法政大はエースの石田健大投手が連投のマウンドに登るも、早稲田大の3番・中澤彰太選手、4番・武藤風行選手に連続ホームランを浴び、2/3を投げて4安打5失点と散々な内容で逆転を許し2敗目を喫した。石田投手は「2者連続本塁打を打たれたのは初めてかも。切り替えて、まず1勝できるようにしたい。」と話した。

 ドラフトイヤーとなる石田投手、昨日の投球でプロのスカウトにはドラフト1位として文句なしという評価を受けた。しかしこの連戦で2敗を喫し、15勝から勝ち星を増やせていない。有原航平投手、山崎福也投手などのライバルとの戦いを制して、堂々のドラフト1位でプロ入りして欲しい。

 

 神宮の春空に、白球の花火が打ち上がった。3点を追う7回、5番・茂木栄五郎が左越え2ランで打線に着火した。すると8回。ドラフト1位候補左腕・石田健大の暴投で同点とした直後、3番・中沢が127キロスライダーを完ぺきにとらえ右翼席に放り込んだ。勝ち点奪取に導く決勝3ランだ。

 「昨日打ててなかったので何とか打ちたかった。素直にうれしい」。前日(13日)は4打数で快音なし。寮に戻ってから1時間半、100球以上を打ち込み、きっちりと修正した。さらに4番・武藤風行が右翼へ一発を放ち、クリーンアップそろい踏みが完成だ。

  狙い通りに一発で仕留めた。1点を追う8回に追いつき、なおも2死一、二塁。早大の3番・中沢が初球のスライダーをフルスイングすると、打球は右翼席に消えた。今秋ドラフト候補の石田から放ったリーグ戦通算2号は勝ち越し3ラン。「きのうは4打席抑えられていたので、変化球に絞っていた。思い切り振った」と振り返った。前日の開幕戦で2三振を喫していたスライダーの残像は頭に残っていた。

 ▼法大・石田(1点リードの8回から登板も4安打5失点)2者連続本塁打を打たれたのは初めてかも。切り替えて、まず1勝できるようにしたい。

 中沢が八回、プロ注目の法大・石田から起死回生の右越え3ランを放った。静岡高時代、通算23本塁打を放ったスラッガー。前日の第1戦は石田にノーヒットに抑えられ、寮に戻った後、徳武コーチの指導で1時間半の打撃練習を行った。その成果が早速、出た形で、「打ちとられた変化球を狙って、思い切りいった。素直にうれしい」と笑顔を見せた。


PAGE TOP