ドラフト指名4選手が手応えとリベンジ誓う、明治神宮大会大学の部

浜田智博, 野間峻祥, 外崎修汰, 寺嶋寛大

 明治神宮大会大学の部では、ドラフト会議で指名された選手たちの対戦が見られた。広島からドラフト1位指名を受けた中部学院大の野間峻祥選手は、中日からドラフト2位指名を受けた九産大の浜田智博投手から3安打を放った。

広島1位・野間vs中日2位・浜田

 広島ドラフト1位の中部学院大・野間峻祥選手と中日ドラフト2位の九州産業大・浜田智博投手は、これからセリーグで何度も対戦する事になる。その前哨戦となったこの試合で野間選手は、まず初回に50m5.8秒の足を見せて内野安打で出塁すると4回にも内野安打、そして6回にはセンター前ヒットを放った。

 野間選手は「相手投手を気にして自分を出せないと困るので、気にしないようにした」と話したものの、浜田投手について「スライダーのキレが良くて6回は体勢が崩された。」と認めていた。しかし「打ってなんぼですから。ドラフトで選ばれた投手から打てたのは自信になる」と勝気も見せた。

 この野間選手を獲得した広島の苑田スカウト部長は「3拍子揃っていて欠点が無い。ベンチに置いておきたい選手」と話した。現状、広島カープの外野手は丸選手が固まり、鈴木誠也選手、堂林選手、松山選手、そして外国人が残りの2つのポジションを競っている。野間選手は今のところ、「丸や鈴木が出場できない時に」というような発言も出ているが、キャンプが始まったら3人の中に入っているかもしれない。

 一方、3安打を浴びた浜田智博投手は、6回1/3を投げて8安打をゆるし、大久保監督が「本調子から比べると7,8割ぐらいだった」という出来だった。それでも6つの三振を奪い1失点に抑えたのはさすがだった。シーズン終盤に調子を崩していたものの、明治神宮代表決定戦でも好投を見せて最後に全国大会出場を果たし、「全国にみんなで来られてよかった」と話した。

 野間選手についても「意識していたので抑えてやろうと思いましたが、完全にやられました」とこちらは意識してやられた感じもあった。しかし「次はしっかりと抑えたい」とプロでのリベンジを誓った。

 

埼玉西武3位・外崎vs千葉ロッテ4位・寺嶋

 また富士大vs創価大の試合では埼玉西武がドラフト3位で指名した富士大の外崎修汰選手と、千葉ロッテがドラフト4位で指名した創価大の寺嶋寛大捕手の対戦が見られた。

 外崎選手は初回に出塁すると、寺嶋捕手を相手に盗塁を仕掛け成功させた。盗塁を許した寺嶋捕手は「やっぱり足が速い。球を捕ってからのスピードなど課題が残りました」と、これからプロで対戦する選手を見て課題を認識していた。

 

  この試合で、広島からドラフト1位指名の中部学院大・野間峻祥外野手(4年)が中日からドラフト2位の九州産大の左腕・浜田智博投手(4年)と対戦し、3打数3安打を放ち、チームも勝ち上がった。

 右投げ左打ちの野間は「(浜田を)特に意識しなかった。打ったのは3本ともスライダー。拾うのは得意だし、左が苦手ではないし、チームが勝つことを考えていますから」と淡々としたもの。

 先発で打たれた浜田は、「打者(野間)を意識しましたが、完全にやられました。次は自分が勝ちたい」。6回1/3を8安打6三振1四球1失点で終えた学生最後のマウンドの悔しさを口にした。

 「投げた瞬間、ボールと分かりました。1点取れて良かった」。1年前の同大会1回戦・関学大戦でもタイブレークとなった延長10回に先頭で勝ち越しの右前打。2年連続で決勝点を挙げた左の強打者は初回、4回に50メートル5秒8の俊足を生かして内野安打で出塁した。6回にはスライダーを中前に打ち返し、中日のドラフト2位左腕・浜田に3安打を浴びせた。

 明治神宮大会第1日(14日、神宮)ドラフト会議で中日から2位指名を受けた九産大の左腕浜田は七回途中までを1失点と力投したが、チームは初戦で散った。「もうちょっと上で戦いたかった」と話しながらも「全国(大会)にみんなで来られてよかった」と満足感も口にした。


PAGE TOP