環太平洋大が全国初勝利、関西第1代表天理大に勝利

天理大, 山本竜也, 石原敬, 環太平洋大, 大学野球

環太平洋大が全国大会初勝利を挙げた。雑草軍団が地方の強豪大学へとなっていく。

地方の強豪へ

大学野球は以前は東京六大学、東都大学、関西学生、関西六大学といったところが中心となり、全国から選手が集まっていた。しかし、東北福祉大を筆頭に九州共立大、上武大、富士大など地方でも、力のある選手を探して育てて全国大会でも結果を残すチームが登場し、プロ野球選手も多く輩出している。

環太平洋大は2007年に大学の開学と同時に野球部が創部され、当然、できたばかりの大学という事もあり高校野球の有名選手は来なかったものの、素質の高い選手を育てて、中日の亀澤恭平選手や又吉克樹投手、今年埼玉西武にドラフト10位で指名された松本直晃投手(香川オリーブガイナーズ)など、プロ野球選手を輩出し、全国大会でも中国地区代表として出場が増えている。

この日は関西地区代表決定戦で広島ドラフト1位の岡田明丈投手のいる大商大や、巨人ドラフト1位の桜井俊貴投手のいる立命館大を下して関西第一代表で出場してきた天理大に対して3-1で勝利し、全国大会1勝を手にした。体の大きさや球速でパッと目を引く選手は少ないが、小柄だが足が速い選手、投げっぷりの良い投手がおり、将来名前が挙がってくる選手が出てきそうだ。

今後、中国地区の強豪大となって、地区の有力選手が集まりそうな感じがする。系列の創志学園も来年のセンバツに出場する。

 

天理大敗れる

3年生エースの山本竜也投手は6回を投げて8安打6奪三振で3失点、勢いのある球で押すピッチングで安打数も多いものの粘りを見せるピッチングが持ち味の投手、この日はその粘りがなく「甘い球があった」とその甘い球を痛打されて3失点でマウンドを降りた。

2番手で登板した1年生の石原敬投手は、代表決定戦で桜井俊貴投手と投げ合って3安打完封勝利をした右腕、球速は130キロ台だが打たれない投球で2回を1安打3奪三振に抑えた。コントロールが良く、腕が振れる投手でタイミングの取りづらい所もありそうだ。注目を続けたい投手。

明治神宮大会大学の部の組み合わせと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

環太平洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

天理大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP