北東北リーグが明日開幕!注目の選手は?

大向涼介, 尾山将悟, 吉田将太, 手登根祥, 小野泰己, 多和田真三郎, 久保皓史

 北東北大学リーグが明日開幕します。注目の選手を挙げてみます。

投手

 富士大の多和田真三郎投手がドラフト1位候補として名前が挙がる大学球界でも屈指の投手。1年時に明治神宮大会でノーヒットノーランを記録し最速151km/hも記録。低い位置から球が出てくるフォームで、勢いが違う感じです。リーグ戦では失点を重ねる姿もありましたが、最後の年でシーズン通して安定した投球ができるかに注目です。

 富士大では同じく4年生の吉田将太投手も186cmから141km/hを投げる投手、鵡川高校出身で素質の高さは高校時代から注目されていました。また八戸学院大の尾山将悟投手も185cmから146km/hを投げる投手で、北海学園札幌時代から注目されています。北海道の大型右腕の大学4年でのブレークを期待したい。

 富士大では来年のドラフト上位候補にも名前の挙がる3年生の小野泰己投手もいます。183cmから146km/hを投げ、下級生の時から先発して好投するなど結果も残しており注目です。

 

野手

 野手でも富士大が充実している。大向涼介選手は盛岡中央時代から投手&野手としてプロから注目され、大学では野手として活躍、昨年秋には打率.333を記録しています。また1年生の春からサードのレギュラーとして活躍し、主将となった久保皓史選手も、180cmのしっかりとした体があり、鋭い打球とチャンスに強い打撃を見せます。3年生の手登根祥などもおり、楽しみな選手が大勢います。

 まだ名前の挙がっている野手が少ないですが、例年、打撃センスが良く足の速い選手がドラフトで指名されます。今年はどんな選手が登場するか注目です。

 


PAGE TOP