仙台大・松本桃太郎選手がリーグ通算100安打、東北福祉大と優勝争い

仙台大, 馬場皐輔, 松本桃太郎, 大関友久

仙台六大学リーグでは、仙台大vs東北学院大の試合で、仙台大の松本桃太郎選手がリーグ通算100安打を達成した。チームも優勝争いを繰り広げる。

優勝争い

松本桃太郎選手は北海高校出身で、1年生秋に、打率.477、17打点、3本塁打でリーグ3冠王ととなる輝かしいデビューをした。それから安打を積み重ね、この日、延長タイブレークとなった10回に2点タイムリーヒットを放ち、リーグ通算100安打を達成した。

4番サードで出場し5打数1安打2打点、タイブレークで試合を決める貴重なタイムリーを放った。

仙台大はこれで無敗で7勝目、同じく無敗で8勝を挙げている東北福祉大に食らいついている。昨年まではエースの熊原健人投手(2015年横浜DeNAドラフト2位)がいたが、今年は150キロを投げる馬場皐輔投手や1年生の大関友久投手が継投し勝利をしている。

リーグ最終週に東北福祉大との直接対決を控え、まずは東北学院大の2回戦も勝利して全勝対決で臨みたい。

仙台大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-仙台六大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP