立教大が全国制覇!大東孝輔選手が3ランホームラン

笠松悠哉, 立教大, 中川颯, 大東孝輔

大学野球選手権は、立教大vs国際武道大の試合が行われ、立教大が9-2で勝利し59年ぶりの全国制覇を成し遂げた。

脇役がヒーロー

この日は初回、2番の熊谷敬宥選手や4番の笠松悠哉選手がつなぐと、5番の山根佑太選手が逆転の2点タイムリーヒットを放つ。そして6番の大東孝輔選手の思い切り振りぬいたバットから放たれた打球がレフトスタンドに飛び込み、一挙5点を挙げた。

またこの日は先発は3年生の手塚周投手が5回途中まで2失点に抑えると、リリーフで登板した1年生のアンダースロー・中川颯投手が、4回2/3を2安打3奪三振無失点に抑え、優勝を果たした。

大東選手は2回戦の富士大戦で同点2ランホームランを放ち、この日の試合のペースを握る初回の3ランホームランを放つなど今大会2本塁打でMVPに輝いた。また中川投手はリリーフとして合計12回を投げて無失点、防御率0.00で2勝を挙げ、最優秀投手賞を受賞した。

大東選手のポジションはサードだが、サードには4番を打つ笠松悠哉選手がおり、リーグ戦では代打専門となっていた。しかし今大会はDH制のため出場機会が増え、この結果に結びつけた。大東選手は「笠松よりバットを振ろうとやってきた。秋はDHはないので、笠松から三塁のポジションを獲りたい」と話し、秋はサードのポジションを奪う決意も口にした。

主役の4番・笠松悠哉選手はこの日は2打数ノーヒットだが、2つの四球を選び得点へと結びつけた。長嶋茂雄氏が見守る前での優勝に「偉大な先輩の前で優勝の瞬間を見せられたのは素晴らしいこと」と話した。

笠松選手は大阪桐蔭の2年生の時に、春夏連覇を達成したメンバーで、高校に続き、大学でも頂点に立った。しかし今回は最上級生として、またチームの4番として成し遂げた優勝で、藤浪晋太郎投手や森友哉選手のいたチームでの優勝よりも、喜びも大きいかもしれない。

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

印象に残ったシーンとして、一回に大東が放った左越え3ランを挙げ「まるでプロ野球を見ているよう」と褒めたたえた。

「笠松よりバットを振ろうとやってきた。秋はDHはないので、笠松から三塁のポジションを獲りたい」

熊谷は「レジェンド的な存在の方。見に来てくれた中で勝ててうれしい」。背番号3を背負う笠松は「偉大な先輩の前で優勝の瞬間を見せられたのは素晴らしいこと」と喜びを語った。


PAGE TOP