首都大学リーグは桜美林大、東海大、日体大が敗れる

東海大, 青島凌也, 下石涼太, 桜美林大, 大平達樹

昨日開幕した首都大学リーグは、昨秋覇者の桜美林大が1部に昇格した明星大に敗れ、東海大、日体大も敗れた。混戦模様が予想される。

ドラフト候補は活躍見せる

桜美林大はプロ注目の大平達樹捕手が5番で出場すると、初回に犠牲フライで1打点、第2、3打席はヒットを放ち4打数2安打1打点の活躍。しかし6回にノーアウト満塁で打席が回ったものの打点を挙げられず、明星大に6-8で敗れた。エース・佐々木千隼投手が抜け、投手力の課題を突き付けられた。

一方、昨年のドラフトで2人のプロ野球選手を輩出した明星大は、1部昇格しいきなり昨秋の覇者に勝利した。実力を備えたチームが混戦の首都リーグをさらにかき回す。

また東海大もプロ注目内野手の下石涼太選手は2番セカンドで出場した。8回にライト前にタイムリーヒットを放ち4打数1安打1打点も、東海大はこれが唯一の得点で、1-4で帝京大に敗れた。

東海大は昨年末に急に横井監督が退任し、今年に入って安藤監督が就任したが、まだチームがまとまっていないのかもしれない。3年生エースの青島凌也投手は5回6安打4失点と期待を裏切るピッチングとなり、打線も4安打に終わった。安藤監督は「初戦の緊張感があって、硬くなって打ちあぐねた。でも勝ち点を失ったわけではないし、2回戦、3回戦と勝てるようにしたい」と話す。

日体大vs筑波大の試合は、来年のドラフト上位候補・松本航投手と、筑波大の大場遼太郎投手投手の投げ合いとなり、3-2で筑波大が勝利した。松本投手は7回まで無失点に抑えたものの、8回に2ランホームランを浴びて同点に追いつかれると、9回に1失点しサヨナラ負けを喫した。

昨秋の1,2,3位が敗れ、首都リーグは波乱となるかもしれない。

2017年度-首都大学リーグのドラフト候補リスト

2017年度-大学生捕手のドラフト候補リスト

首都大学リーグのドラフト候補と展望

1回に犠飛を放ち、2、3打席目に安打をマークするなど、4打数2安打1打点。それでも、6回無死満塁での凡打を反省点に挙げ「今日はあそこがポイント。申し訳ないです」と悔しがった。

東海大・下石凉太内野手(4年=広陵)が、意地の適時打を放った。4点ビハインドの8回、シャープなスイングで右前適時打を放ち、チームの初得点を記録した。


PAGE TOP