東都秋の陣、東洋大プロ志望4人衆が戦国東都収めるか

甲斐野央, 伊藤優輔, 中川圭太, 梅津晃大, 岡田耕太, 頓宮裕真, 清水昇, 佐藤都志也, 白銀滉大, 上茶谷大河, 伊藤裕季也, 吉田叡生

東都大学リーグの秋季リーグ戦が開幕する。甲斐野央投手、上茶谷大河投手、梅津晃大投手のドラフト1位候補3投手と、進路をプロ一本に絞った中川圭太選手率いる東洋大が、4連覇で戦国東都に終わりを告げる。

秋の陣

東洋大は159キロの速球を投げ、侍ジャパンで絶対的な抑えとして好投を見せた甲斐野央投手、春に1試合20奪三振など6勝を挙げた151キロ右腕の上茶谷大河投手、春は1試合の登板に終わったものの153キロの速球で素質を高く評価される梅津晃大投手といった、大学野球史に残るような投手陣を擁し、4連覇を目指して秋の陣を敷く。3投手はいずれも進路はプロ一本に絞っている。

また中川圭太主将も春は打率.291だったものの2本塁打で9打点の勝負強さも見せる。例年は侍ジャパンに参加していた中川投手だが、今年は選出されなかった。しかし主将として、「グラウンドで練習ができて良かったと思う。春は日本一になる目標を達成できなかった。秋こそ日本一になるため、リーグ戦の優勝を狙います」と話す。中川選手も進路をプロ一本とし、勝負の秋と位置づける。春4本塁打の3年生で侍ジャパンを経験した佐藤都志也選手も腕を磨いた。

戦国続くか

しかし他大学も黙っていない。優勝争いに常に絡んでくる国学院大は、エースの150キロ右腕・清水昇投手が、こちらも決戦の時と意気込みを見せる。侍ジャパンでレベルの高い投球を見せ、経験も積んだ。亜細亜大も侍ジャパンでU18代表に鮮烈なホームランを浴びせた頓宮裕真選手とエース・中村稔弥投手が万全の陣を構え、清水力斗投手、岡留英貴投手、松本健吾投手といった活きの良い1年生も続々とベンチ入りをしている。

駒沢大も春3本塁打に13打点の岡田耕太選手とサイドハンドから149キロの速球を投げる白銀滉大投手にプロが注目しており、立正大も小郷裕哉選手、伊藤裕季也選手などが並ぶ屈指の打線があり、中央大も伊藤優輔投手と吉田叡生選手選手の攻守の二人がそろう。

東都秋の陣、東洋大が4連覇して戦国を収めるか、それとも残りの5大学が再び戦国時代へ呼び戻すか。

午前中に約3時間汗を流した後、ミーティングを実施。今春から指揮を執る杉本泰彦監督は「この秋も凡事徹底。選手たちと夏を一緒に過ごした分、蓄積ができた。4連覇は僕自身はそう意識しないが、選手の性格なども春より理解できた分、やりやすいと思う」と話した。ドラフト候補で主将の中川圭太内野手(4年=PL学園)はプロ一本を表明。


PAGE TOP