九産大・岩城駿也選手も同点打で勝負強さ見せる

九州産業大, 岩城駿也

九州産業大の岩城駿也選手は東海大投手陣に1安打に抑えられたものの、6回に同点打を打ち、チームの勝利に貢献をした。

1点を先制された6回、2アウトからランナーが出ると、けん制悪送球でサードに進み、打席の岩城駿也選手は「必ず還す。自信を持った」と、ストレートを痛烈にレフト前にはじき返し、同点とした。

昨年のこの大会では日本文理大戦で3ランホームランなど6打点を挙げる爆発力を見せ、今春のリーグ戦で7本塁打、26打点を挙げた岩城選手、そこまでの爆発はまだ見せられなかったが、それでもしっかりと仕事をするところはさすが。

この日もプロ注目投手の揃う東海大相手だったが、13日には東洋大との対戦となる。甲斐野投手、上茶谷投手、梅津投手との対戦となり、爆発というのは難しいかもしれないが、しっかりと結果を残したい。

全日本大学野球選手権(2018)、1日目の対戦カードと注目選手


PAGE TOP