日体大・東妻勇輔投手が151キロ、7回4安打8奪三振無失点

東妻勇輔, 日本体育大

日体大は、ドラフト1位候補の東妻勇輔投手が先発し、7回4安打8奪三振の好投を見せた。

151キロ

前日に松本航投手が好投をみせたものの完封負けを喫した武蔵大に、この日は東妻勇輔投手がリベンジした。東妻投手はこの日、最速151キロを記録、「入りも悪くなかったし、後半にかけて調子が上がった。3回以降は、いい感じでスライダーとスプリットが決まった」と得意のキレの良いスライダーで7回まで8つの三振を奪った。4安打無失点の安定した投球で、3-0で勝利した。

東妻投手は今シーズンは納得いくピッチングができていなかった。しかし、「いいところを見せようと気負いすぎていたけど吹っ切れた。先のことを考えず必死に投げる」と、プロ入りを意識してスカウトの視線を気にしてたのを、目の前の相手に集中する事で吹っ切り、自分のピッチングを見せられるようになった。

今年、全日本大学野球選手権に出場する事は、プロ入りを目指す、松本投手、東妻投手にとっても大きい。東海大も実力を見せており、将来に向けた戦いを繰り広げている。

2018年のドラフト候補一覧
2018年度-大学生投手のドラフト候補リスト

5回は先頭打者に左前打を許したが、その後2者連続三振。死球で2死一、二塁となるが武蔵大の4番姫野をスライダーで見逃し三振に仕留めた。東妻は「入りも悪くなかったし、後半にかけて調子が上がった。3回以降は、いい感じでスライダーとスプリットが決まった」と話した。

最速151キロの直球に「スライダーが決まっていた」と振り返り、8三振を奪った。プロから注目を浴びていることに「いいところを見せようと気負いすぎていたけど吹っ切れた。先のことを考えず必死に投げる」と話した。


PAGE TOP