駒大・岡田耕太選手が2試合連続弾、優勝争い残る

中央大, 岡田耕太, 駒澤大, 畠中優大, 多崎蒼司

東都リーグでは駒澤大vs中央大の試合が行われ、駒大・岡田耕太選手の2試合連続弾で駒大が優勝争いに残った。中央大は最下位が決定し、1部2部入れ替え戦に回る。

戦国東都

今季の東都リーグは、東洋大が強力投手陣がいる中で注目されたものの、まさに戦国東都という激しい闘いで、6つ巴といってもいい乱戦だった。昨日の時点で4チームに優勝の可能性が残り、そして4チームに最下位の可能性があった。

この日の駒大vs中大の試合は、駒大のアンダースロー・多崎蒼司投手と、中大の2年生左腕・畠中優大投手が技巧的なピッチングで5回まで0-0が続く。しかし6回、駒大の4番・岡田耕太選手が、2試合連続となる2ランホームランを放ち先制すると、多崎投手が完封し、3-0で勝利した。駒澤大は勝ち点3として東洋大に並び、優勝の可能性がある。

一方、敗れた中央大は勝ち点1のままで最下位が決定した。エースの伊藤優輔投手は149キロの速球を投げるプロ注目投手、この日投げた畠中投手と共に入れ替え戦で意地をみせたい。そして打率.415でリーグ2位、2本塁打も放っている4番の吉田叡生選手もおり、2部転落を阻止したい。

一方、2部では日大が首位、明日に国士舘大が拓殖大に敗れれば優勝が決まる。昨年、木更津総合でプロも注目した1年生の峯村貴希選手が、打率.463で首位打者となっている他、俊足で今年のドラフト候補の長沢吉貴選手などがおり、攻撃的なチーム。日大は昨年秋に2部に転落しているが、まずは今季の2部優勝を決めて、入れ替え戦で1季での1部復帰となるか。

2018年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

シーズンを終えた大倉孝一監督は報道陣に囲まれると「お世話になりました」と笑顔で頭を下げた。そして多崎の完封に触れ「4年生の自覚で投げ切ってくれたね」と今季から登板し2勝目を挙げた右腕を褒めた。先制2ランの岡田には「シーズン通して打ってほしい。ただ三振をしなくなってきたし四球も選べるようになってきた」と期待が大きいだけに厳しく褒めた。


PAGE TOP