中央大、エース・伊藤優輔投手が踏ん張り1部残留、長沢選手、五十幡選手の足の戦いも

中央大, 五十幡亮汰, 伊藤優輔, 長沢吉貴, 日本大, 畠中優大, 古賀悠斗

東都1部2部入れ替え戦は3回戦が行われ、中央大が6-1で日大を下し、1部残留を決めた。エース・伊藤優輔投手が5回途中から登板し、4回2/3を投げて2安打無失点に抑えた。

1勝5敗エース

中央大の伊藤優輔投手、小山台高校時代からプロが注目していた投手で、今年は4年生となりドラフト候補として注目された。この春に球速は149キロを記録し、全体的にはスピードもあって東都リーグ1部でも目立つ存在だったが、この春のリーグ戦は1勝5敗、防御率は5.05とエースとしての役割は果たせなかった。

そして迎えた大事な入れ替え戦だったが、初戦は2年生の畠中優大投手が先発をした。畠中投手はリーグ戦で2勝を挙げており、その試合でも9回7安打1失点、味方のエラーによる1失点だけに抑える好投を見せた。試合は1-1のまま延長戦に入ると、10回からは伊藤投手がマウンドに上がったものの、11回、味方のまずい守備もあったがサヨナラの1点を奪われ、またもエースとしての役割を果たせなかった。

2戦目、先発のマウンドに伊藤投手が上がった。清水監督もエースに託すと腹を決めて送り出した先発だったが、7回を投げて2安打7奪三振で無失点に抑え、その役割を十分に果たした。そしてこの日も先発は畠中投手だったが5回1アウトの場面でリリーフ登板すると、4回2/3を2安打4奪三振無失点に抑え、チームを1部に残留させた。

3連投したことは将来を考えると称賛はしない。しかし、この入れ替え戦を通じて伊藤投手が成長をしたと見て取れる。レベルの高い東都リーグだが、秋は1勝5敗という事はないだろう。

足の戦い

この日は1戦目、2戦目に続き、足での戦いも繰り広げられた。3回、大学NO.1と評価される足で今年のドラフト候補の日大2番・長沢吉貴選手がライト前ヒットで出塁すると、すかさず二盗を敢行する。すると中央大1年で昨年のU18代表・古賀悠斗捕手がまさかの悪送球をしてサードまで進む。そして味方のタイムリーヒットでホームに生還した。

一方、中大2番で中学時代にサニブラウン選手に勝った再来年のドラフト候補・五十幡亮汰選手は、初回にレフトへのヒットで快足を飛ばして2塁に進むと、3番・内山選手のライト前ヒットでホームに還る。また6回にはランナーをセカンドに置き、ライトへのタイムリー2ベースヒットでダメ押しの1点を奪った。打撃も付いてきた。

共に2番センターで出場し、4打数2安打。1戦目は長沢選手の足が、2戦目は五十幡選手の足が輝いた。秋も同じリーグで戦う事はなく足の競演は見られない二人だが、プロ入り後は1番センターとして足でチームを引っ張る存在になっていそうだ。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
日本大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

初戦はリリーフで敗戦投手となり、2回戦では先発で7回無失点と好投して勝ち投手に。そして、この日の大一番でもロングリリーフで白星を挙げた。今春は1勝5敗、防御率5・05と苦しんだエースが、崖っぷちでエースらしい働きを見せ、チームを救った。
 「秋は上での争いで勝負出来るようにしたいです」と伊藤。都立の進学校・小山台時代に、エースとしてチームを初のセンバツに導いた逸材も、もう最終学年を迎えた。3連戦の経験を糧に、最後の秋に大輪の花を咲かせる。


PAGE TOP