高校野球鳥取大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度C

福島悠高, 河西威飛, 山田椋一, 片山大空, 玉山聖将, 横山琉夏, 金澤大成, 塩田祐暉, 片山隼, 垣内丈二, 徳永真央, 前田楽, 田中翔馬, 浦田純聖, 岡村和真, 西村龍聖, 松川雄哉, 野田翔, 辰巳晴野, 楢原健汰

夏の高校野球鳥取大会が7月14日に開幕します。

昨年はドラフトで指名された選手がおらず、ドラフト候補として注目される選手も少なかった。今年は昨年に比べても、注目されている選手の数なども同じくらいで、ドラフト注目度はC。

地区

昨年は米子松陰が米子東に5-2で勝利して甲子園に出場した。秋の新チームも米子松陰が優勝し、準優勝に鳥取城北、ベスト4に鳥取商と境が入った。しかしセンバツに出場はできなかった。

今年春は八頭が優勝し、米子北が準優勝、鳥取商と米子東がベスト4に入り、勢力が入れ替わった形となった。

他には倉吉北、鳥取西などが甲子園出場を争う。

注目選手

今年のドラフトで指名の可能性が高そうな選手は、現時点ではいない。

その他の注目選手

米子北の楢原健汰投手は182cm82kgの右腕で、143キロの速球でどんどん押してくる投手。また打撃でも長打力に優れ、春は3ランホームランを3本打つなど圧巻の打撃を見せた。甲子園に出て全国区となれば評価も一気に上がっていくかもしれない。

投手では米子松陰の辰己晴野投手が179cmの左腕で、球速は130キロ中盤もテンポがよく制球の良さが光る投手。打撃も非凡なものがあり野球センスが高い。これからさらに体力をつけて行けば将来が楽しみ。鳥取城北のエースは野田翔投手、130キロ後半の速球を投げ球威がある。松川雄哉選手は181cmの右腕で130キロ中盤を投げる。打撃も注目されており、器用に広角にヒットを打てる。また西村龍聖投手は181cmの右腕で角度のある球を投げる、

鳥取商の岡村和真投手も178cmの右腕、130キロ中盤の速球をコースに決める制球力が武器。米子工業の浦田純聖投手は130キロ中盤の速球と得意のスプリットで空振りを奪う。

野手では鳥取商の田中翔馬選手が注目、181cm88kgの左バッターで、高校通算23本塁打の長打力があり、主将としてチームを引っ張る。徳永真央選手は1番バッターつぉいてヒットで出塁し田中選手につなげる。前田楽選手はセンターで抜群の守備派の広さを見せる。将来が楽しみ。鳥取城北の垣内丈二選手と片山隼選手は巧打の左打者で、出塁すると俊足で相手投手にプレッシャーをかける。そして塩田祐暉選手は182cmの右の大砲で、センター方向にキレイに打ち返す打撃を見せる。

八頭高校の金澤大成選手は4番バッターで強い打撃もできるが、50m6秒台前半の足がある選手。谷長公樹選手も168cmと小柄だが俊足で足で見せる選手とのこと。鳥取育英の横山琉夏選手は攻守にバランスの良い選手、米子北の玉山聖将選手もしっかりしたスイングで打球が伸びていく。片山大空選手は鳥取屈指の強肩捕手。

下級生では、鳥取城北の山田椋一選手が175cm80kgの右バッターで、逆方向にもグングン伸びていく打球を打つ。1年生の河西威飛選手も将来が楽しみなスラッガータイプの選手。米子東の福島悠高選手は大型捕手として注目される。

優勝予想

鳥取城北の選手層が厚く、下級生の加入で力をつけてきているようだ。また安定して結果を残している鳥取商は、エースと4番の主軸がしっかりしている。

24校と少ない大会で、組み合わせによってどうというのはないが、鳥取商は初戦で境と対戦するかもしれない。初戦が注目だ。

2018年度以降-高校生-鳥取県のドラフト候補リスト


PAGE TOP