No Image
12球団の編成&スカウトの陣容。2019年のドラフト戦線はこの布陣で戦う。セリーグ編

2019年の12球団のドラフトを予想します。今日は広島カープ編。

森下暢仁, 及川雅貴, 佐々木朗希, 奥川恭伸, 井上広輝, 根本太一, 西純矢

広島カープは1月11日に今年最初のスカウト会議を開き、高校、大学、社会人のドラフト候補、224人をリストアップした。

各球団はドラフト指名選手をどのように決めているのか、広島カープは松田オーナーが考案した12球団の年表とポジション別のドラフト候補表を作成し、ドラフト会議に臨んでいる。

智弁和歌山, 黒川史陽

智弁和歌山の主将となった黒川史陽選手には、中谷新監督も絶大な信頼を置く。2年で6番セカンドで定着し、昨年センバツでは準優勝に大きく貢献した選手でプロのスカウトも注目する。

正随優弥, 羽月隆太郎, 林晃汰, 小園海斗, 島内颯太郎, 田中法彦, 中神拓都, 大盛穂

広島はドラフト会議で指名された8選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

正随優弥, 小園海斗

広島にドラフトで指名された選手が、今日の新入団発表のために9日に広島入りした。ドラフト1位の小園海斗選手は、木製バットを持参した。

菰野高, 田中法彦

広島はドラフト5位で指名した菰野高の田中法彦投手と、契約金3000万円、年俸450万円で仮契約を交わした。173cmながら最速152キロの速球を投げ、高校通算30本塁打を放つパワーは計り知れない。

星稜高, 奥川恭伸

来年のドラフト1位候補、星稜の奥川恭伸投手が、明治神宮大会準決勝の高松商戦で先発し、7回4安打12奪三振1失点の好投を見せた。視察した複数のプロ球団から絶賛の声が挙がっている。

星稜高, 奥川恭伸

来年のドラフト1位候補、星稜の奥川恭伸投手が圧巻投球を見せた。12球団のスカウトが視察し、「頭一つ抜けている」「星稜の近くに引っ越す」と絶賛のオンパレードとなった。

スポンサーリンク
PAGE TOP