2019年度の12球団のドラフトを予想、埼玉西武編。

明治大, 森下暢仁

今年のドラフトで大学NO.1投手の呼び声の高い、明治大の森下暢仁投手が始動した。巨人、阪神、北海道日本ハム、横浜DeNA、埼玉西武の5球団のスカウトが姿を見せた。

星稜高, 奥川恭伸

今年のドラフトの目玉候補、星稜の奥川恭伸投手が今年の練習を開始、千葉ロッテ、埼玉西武、東北楽天の3球団のスカウトが姿を見せた。

東洋大, 佐藤都志也

今年、注目される大学生捕手の一角、東洋大の佐藤都志也選手が始動し、埼玉西武、オリックスのスカウトが姿を見せた。

埼玉西武は1月1日に組織改正を行い、業務部と編成部を廃止し、チーム統括部を設置、その中に6つのグループを作り、編成グループのディレクターに、2軍監督を務めた潮崎哲也氏が就任する。

松本航, 森脇亮介, 渡邉勇太朗, 佐藤龍世, 粟津凱士, 東野葵, 牧野翔矢, 山野辺翔, 中熊大智, 大窪士夢

埼玉西武はドラフト会議で指名された10選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

東日本国際大, 粟津凱士

埼玉西武はドラフト4位で指名した東日本国際大・粟津凱士投手と、契約金4000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。日本ハムの石川直也投手をライバルとして挙げた。

土居豪人, 大窪士夢

No Image
今年のドラフト会議で長身投手として注目された、191cmの松山聖陵の土居豪人投手と、198cmの北海高校・大窪士夢投手がそれぞれ仮契約をした。

佐々木朗希, 大船渡高

No Image
大船渡高校が栃木県内で国学院栃木と練習試合を行い、来年のドラフトの目玉・157キロ右腕・佐々木朗希投手の視察にメジャー4球団が視察、国内は2球団でその数を上回った。

松本航, 日本体育大

埼玉西武はドラフト1位で指名した日本体育大の松本航投手と、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円の最高条件で入団に合意した。

スポンサーリンク
PAGE TOP