浅田将汰

横浜DeNAは、ドラフト7位で指名した有明の浅田将汰投手と、契約金2090万円、年俸470万円で仮契約を交わした。

田部隼人

横浜DeNAは、ドラフト5位で指名した田部隼人選手と、契約金3080万円、年俸520万円で仮契約を交わした。

伊勢大夢

横浜DeNAは、ドラフト3位で指名した明治大・伊勢大夢投手と、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。横浜中華街の「状元樓本店」で行われた。

坂本裕哉

横浜DeNAはドラフト2位で指名した立命館大の坂本裕哉投手と、契約金7150万円、年俸1265万円で仮契約した。背番号は20。端数のある契約金と年俸が話題になっている(なってない)。

森敬斗

横浜DeNAがドラフト1位で指名した桐蔭学園・森敬斗選手と、契約金1億円、年俸1000万円で仮契約を交わした。背番号は6に決定した。

森敬斗

横浜DeNAは、ドラフト1位で指名した森敬斗選手に、背番号6を与える事が有力となった。

蝦名達夫

DeNAはドラフト6位で指名した青森大・蝦名達夫選手に、進藤編成部長、欠端スカウトが指名あいさつをした。進藤編成部長は「パンチ力のある右の外野手が欲しかった」と話した。

明治大, 伊勢大夢, 森下暢仁

東京六大学では明治大が最終戦のカードに臨み、広島ドラフト1位の森下暢仁投手が先発したものの、6回に3ランホームランを浴びてマウンドを降りた。

智弁和歌山, 東妻純平

横浜DeNAは、ドラフト4位で指名した智弁和歌山の東妻純平捕手に指名あいさつをした。兄の東妻勇輔投手は昨年のドラフト会議で千葉ロッテから2位指名され、兄弟プロ野球選手の誕生となる。

坂本裕哉

横浜DeNAは、ドラフト2位で指名した立命館大の坂本裕哉投手に、吉田スカウト部長などが指名あいさつをした。

スポンサーリンク
PAGE TOP