No Image
第100回全国高校野球選手権大会は、いよいよ決勝戦を迎えます。第100回大会の王者、そして平成最後の高校野球王者が誕生します。

No Image
明日の夏の甲子園決勝戦終了後に、9月3~9日に宮﨑市で行われるBFA/U18アジア選手権に出場する選手が発表されます。代表選出メンバーを予想してみます。

No Image
第100回全国高校野球選手権大会は、ベスト4が対戦します。注目選手をまとめます。

No Image
夏の甲子園第100回大会はのドラフト番付です。ベスト4時点

伊藤大海, 苫小牧駒大

No Image
8月25日に北海道6大学リーグの秋季リーグ戦が開幕する。この春に154キロを記録して大学野球選手権に出場した苫小牧駒大は、エースの伊藤大海投手がさらなる成長を見せる。

大阪桐蔭, 横川凱, 小園海斗, 藤原恭大, 根尾昂, 柿木蓮, 渡邉勇太朗, 吉田輝星

No Image
この夏の甲子園は、全チームが出場した後も、特に大阪桐蔭の試合を中心に多くの球団の幹部クラスが視察を行ったが、大阪桐蔭の藤原恭大選手、根尾昂選手の打撃をチェックするだけでなく、大阪桐蔭の他の投手の投球を見たかったという理由もある。

星稜高, 奥川恭伸

No Image
この夏の甲子園で150キロを記録した星稜2年の奥川恭伸投手は、「常に145キロ以上を越える」投球を目指し、来年のドラフト会議で「1位か2位までに入りたい」と話した。

No Image
高校野球を終え、将来に飛び立つ選手の進路の情報をまとめます。プロ志望だけでなく、大学や社会人、また進路をはっきり表明しなかった選手も掲載しています。

大阪桐蔭, 藤原恭大, 根尾昂

大阪桐蔭の根尾昂選手、藤原恭大選手が、この日の浦和学院戦で、ドラフト上位候補の渡邉勇太朗投手からアベックホームランを放ち、藤原選手は1試合2発も記録した。プロ各球団は異例ともいえる、準々決勝でのスカウトトップクラスの視察を行った。

スポンサーリンク
PAGE TOP