No Image
都市対抗野球(2018)が7月13日(金)から行われる。都市対抗本選に出場するチームとドラフト注目選手を一覧にまとめました。

No Image
 8月26日からジャカルタで開催される、第18回アジア競技大会に出場する侍ジャパン社会人代表選手が発表されました。選手の紹介をいたします。

No Image
都市対抗野球本選(7月13日~)の出場決定チームと、主な注目選手を紹介します。

パナソニック, 吉川峻平

No Image
都市対抗近畿地区2次予選の第4代表決定戦で、パナソニックがNTT西日本を下し、本戦出場を決めた。ドラフト上位候補の吉川峻平投手が先発し、7回途中まで5安打2失点に抑えた。

大谷龍太, トヨタ自動車東日本

No Image
都市対抗東北地区2次予選では、トヨタ自動車東日本が日本製紙石巻を4-2で下し、創部7年目での初の都市対抗出場を決めた。

日本通運, 生田目翼

都市対抗南関東地区2次予選では、日本通運が第2代表で都市対抗本戦出場を決めた。155キロ右腕の生田目翼投手が8回2安打無失点の好投を見せた。

TDK, 長谷川拓帆

No Image
都市対抗東北地区2次予選では、TDKのルーキー・長谷川拓帆投手が、オールいわきクラブ戦で先発し、5回7奪三振で無失点ピッチングを見せた。二刀流に挑戦し、3年後のドラフト1位を目指している。

Honda, 齋藤友貴哉

Hondaは都市対抗野球南関東第1代表決定戦に、153キロ右腕の齋藤友貴哉投手が先発し、7回を3安打9奪三振で無失点の素晴らしい投球で本戦出場を決めた。東京ヤクルト、巨人などが絶賛し、齋藤投手もプロ入りを表明した。

日本通運, 生田目翼

No Image
都市対抗南関東地区2次予選では、日本通運が新日鐵住金かずさマジックに勝利、生田目翼投手が150キロを連発し、9回4安打で完封勝利した。

きらやか銀行, 小島康明

No Image
東京農業大から、きらやか銀行に進み、1年目からエースとして活躍し都市対抗本戦にも導いた小島康明投手が、プロ入りを目指して進化を見せる。

スポンサーリンク
PAGE TOP