磐田東, 二俣翔一

磐田東が浜松修学舎高校と練習試合を行い、プロ注目の二俣翔一捕手が、6打数6安打9打点の活躍を見せた。

亜細亜大, 内間拓馬

亜細亜大は日体大とオープン戦を行い、150キロ右腕の内間拓馬投手が8回を投げて5安打3失点、最速は147キロだった。

早稲田大, 早川隆久

今年のドラフト1位候補左腕、早稲田大・早川隆久投手が2月27日以来のオープン戦のマウンドに立ち、4回8奪三振パーフェクトピッチングを見せた。

森博人, 日本体育大

日体大が巨人3軍とプロアマ交流戦を行い、155キロ右腕でプロ注目の森博人投手が4回から3番手で登板した。

山本晃希, 日本製鉄かずさマジック

日本製鉄かずさマジックが北海道日本ハムの2軍と練習試合を行い、注目の155キロ右腕・山本晃希投手が3回2安打4奪三振無失点の好投を見せた。

立命館大, 榮枝裕貴

阪神は立命館大の強肩強打の捕手・榮枝裕貴選手をマークしていることが分かった。この日の龍谷大とのオープン戦でも3人態勢で視察をした。

並木秀尊, 独協大

独協大と東大のオープン戦が行われ、プロ注目の俊足・並木秀尊選手の視察に東京ヤクルト、北海道日本ハムのスカウトが姿を見せた。

早稲田大, 早川隆久

巨人の3軍と早稲田大のプロアマ交流戦が雨天で中止となった。この試合には巨人の他、福岡ソフトバンク、北海道日本ハム、オリックスの4球団のスカウトが視察に来ていた。

伊藤大海, 苫小牧駒大

北海道日本ハムは2月18日にスカウト会議を開き、ドラフト指名候補として約270人をリストアップ、ドラフト1位候補を12人に絞り込んだ。12人の予想をしてみます。

2020年の北海道日本ハムのドラフト戦略を分析します。

スポンサーリンク
PAGE TOP