清宮幸太郎, 早稲田実

No Image
早稲田実・清宮幸太郎選手の2度目の甲子園が終わった。1年夏の甲子園で2発のホームランを放ちチームもベスト4に勝ち進んだが、今大会はホームランは不発、2回戦で姿を消した。

清宮幸太郎, 早稲田実

No Image
センバツ1回戦で、今年初の公式戦での姿を見せたドラフトの超目玉、早稲田実・清宮幸太郎に対し、プロのスカウトや関係者から絶賛の嵐が起こっている。

東海大市原望洋, 金久保優斗

No Image
東海大市原望洋のプロ注目のエース・金久保優斗投手が甲子園で初登板し、5回には自己最速の147キロを記録した。延長14回218球を投げて最後は4失点したが、阪神、千葉ロッテ、東京ヤクルトなどから高い評価の声が挙がった。

亜細亜大, 高橋遥人, 北村拓己, 嘉陽宗一郎, 中村稔弥, 井上仁裕

亜細亜大が千葉ロッテ2軍と練習試合を行い、投手陣が踏ん張り3-1で勝利した。先発した嘉陽宗一郎投手が5回1失点、リリーフで登板した高橋遥人投手が2回無失点に抑えた。

日大三, 横浜高, 万波中正, 櫻井周斗, 金成麗生

No Image
日大三はこの日、横浜高校と2試合を戦い、1戦目にエースで主将の櫻井周斗投手が先発した。140キロの速球も4回2失点、しかしスカウトは高い評価を示した。

横浜商大, 渡辺佑樹, 佐藤広之

横浜商大の143キロ左腕・渡辺佑樹投手が、日大とのオープン戦で先発し、この時期では珍しく9回を完投、5安打3失点で勝利した。強打の1番バッター・佐藤広之選手もホームランを放った。この試合には中日、巨人、千葉ロッテの3球団のスカウトが視察に訪 ...

2017年度の12球団のドラフトの動きを予想。今日は千葉ロッテ編。 広島編 北海道日本ハム編 巨人編 福岡ソフトバンク編 横浜DeNA編

中央大, 鍬原拓也

No Image
東都大学リーグの中央大が練習を開始し、152キロ右腕・鍬原拓也投手も始動した。この日は巨人、千葉ロッテ、福岡ソフトバンクの3球団が視察に訪れた。

斉藤大将, 竹村春樹, 水野匡貴

No Image
明治大が今年の初練習を行い、今年のドラフト注目選手、斉藤大将投手、水野匡貴投手なども始動、福岡ソフトバンク、巨人、千葉ロッテ、横浜DeNAの4球団のスカウトが視察に訪れた。

熊谷拓也, 法政大, 森田駿哉

法政大が今年の初練習を行い、151キロの速球を投げ今年のドラフト候補に名前が挙がる熊谷拓也投手、昨年は左ひじ痛に悩まされた新3年生となる森田駿哉投手も始動した。この日は横浜DeNA、千葉ロッテのスカウトが訪れた。

スポンサーリンク
PAGE TOP