明治大, 森下暢仁

明治大の森下暢仁投手は、優勝に王手をかけた試合で7回まで1安打無失点投球を見せていたが、8回に同点に追いつかれれ、引き分けに終わった。それでも151キロのストレートに千葉ロッテスカウトは絶賛をしている。

東海理化, 立野和明

都市対抗東海地区2次予選で、東海理化の152キロ右腕・立野和明投手がトヨタ自動車との対戦で登板し、10球団41人のスカウトが集結した。

専大松戸, 横山陸人

専大松戸、常総学院、横浜の変則W、専大松戸の146キロサイドハンド、横山陸人投手は常総学院戦に先発した。千葉ロッテのスカウトが評価をしている。

星槎道都大, 渕上佳輝

No Image
札幌六大学リーグが開幕し、王者・星槎道都大の150キロ右腕・渕上佳輝投手が7回を2安打無失点に抑えて勝利、この試合には9球団のスカウトが視察に訪れた。

駿河総合, 紅林弘太郎

駿河総合の大型遊撃手・紅林弘太郎選手に、千葉ロッテ、阪神、広島、中日、東京ヤクルトのスカウトが視察に訪れた。広島、中日のスカウトが評価をしている。

横浜高, 及川雅貴

春季高校野球神奈川大会では、準決勝で桐光学園と横浜が対戦し、横浜は逆転で敗れて関東大会出場はならなかった。しかし、及川雅貴投手の登板には千葉ロッテのスカウトも復活を認めていた。

明治大, 森下暢仁

今季開幕となる立教大との初戦で6回10安打4失点で降板をした明治大の森下暢仁投手が、1勝1敗で迎えた同カードの3戦目に再び先発し、9回4安打10奪三振1失点で完投、明治大に勝ち点を持ってきた。

興南高, 宮城大弥

春季高校野球九州大会では、興南の148キロ左腕・宮城大弥投手が登場し、自己最速を更新する149キロを記録した。4失点をしたものの9回を投げて10個の三振を奪った。

JFE西日本, 河野竜生

社会人野球JABA岡山大会で、今年の社会人NO.1左腕のJFE西日本・河野竜生投手が登板すると、自己最速の149キロを記録し7回2安打完封勝利を挙げた。

九州産業大, 浦本千広

147キロのキレの良い速球を投げる九州産業大の浦本千広投手に、千葉ロッテ、オリックスなどのスカウトが視察した。

スポンサーリンク
PAGE TOP