2020年の千葉ロッテのドラフト戦略を分析します。

千葉ロッテはスカウトグループの人事を発表し、永野チーフスカウトがプロ・アマスカウト部長、榎康弘スカウトがアマチーフスカウトとなった、またオリックスのスカウトグループ長を務めていた中川隆治氏がスカウトに加わった。

早稲田大, 早川隆久

No Image
早稲田大が練習を開始し、151キロ左腕の早川隆久投手などに視察に福岡ソフトバンク、埼玉西武、巨人、千葉ロッテ、北海道日本ハムの5球団のスカウトが視察に訪れた。

福田光輝, 佐藤都志也, 佐々木朗希, 横山陸人, 高部瑛斗, 本前郁也, 植田将太

千葉ロッテはドラフト会議で指名した10選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

佐々木朗希, 大船渡高

千葉ロッテは、ドラフト1位で4球団競合の末に交渉権を獲得した大船渡・佐々木朗希投手と交渉し、契約金1億円+出来高払い5000万円、年俸1600万円の最高条件で仮契約を交わした。背番号は17に決まった。

東洋大, 佐藤都志也

この日の東都リーグの個人表彰式では、千葉ロッテからドラフト2位で指名された東洋大の佐藤都志也選手も表彰を受けた。

福田光輝

千葉ロッテは、ドラフト5位で指名した法政大の福田光輝選手と、契約金4000万円、年俸880万円で仮契約を交わした。大阪桐蔭の先輩・藤浪選手との対戦を熱望した。

高部瑛斗

千葉ロッテは、ドラフト3位で指名した国士舘大・高部瑛斗選手と、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。東都2部最多安打記録を大幅に更新した安打製造機。

横山陸人

千葉ロッテはドラフト4位で指名した専大松戸・横山陸人投手と、契約金4000万円、年俸560万円で仮契約を交わした。高橋礼投手の後輩サイドハンドに期待。

佐藤都志也

千葉ロッテはドラフト2位で指名した東洋大・佐藤都志也選手と、契約金7000万円、年俸1200万円で合意した。佐々木投手と最優秀バッテリー賞目指す。

スポンサーリンク
PAGE TOP