星稜高, 奥川恭伸

星稜の奥川恭伸投手が、近江と練習試合を行い、7回を投げて5安打無失点の好投、センバツに向けて本番モードに入ってきた。

東海理化, 立野和明

最速152キロの速球を投げ、ドラフト上位候補に名前の挙がる東海理化の立野和明投手が東京スポニチ大会で登板し、国内12球団とメジャー1球団、合わせて40人のスカウトが投球を視察した。

森博人, 鳥谷部慎吾, 日本体育大, 北山比呂

仙台大と練習試合を行った日本体育大は、147キロ右腕の北山比呂投手が先発をしたが、この日は最速147キロで5回を投げて4失点という内容だった。東京ヤクルトなど7球団のスカウトが視察をしている。

仙台大, 大関友久, 稲毛田渉, 小林快, 宇田川優希

仙台大が日本体育大とオープン戦を行い、稲毛田渉投手が153キロを記録した。また来年のドラフト1位候補・宇田川優希投手や今年のドラフト候補左腕、大関友久投手、小林快投手も登板をした。

星稜高, 奥川恭伸

センバツ優勝候補の星稜が小松と練習試合を行い、ドラフト1位候補の奥川恭伸投手が先発し最速147キロを記録した。この試合には中日、ロッテ、楽天、西武の4球団のスカウトが視察に訪れた。

創志学園, 西純矢

高校生投手四天王の一人、創志学園の西純矢投手が今年初の対外試合となる丸亀城西戦で先発し、5回を1安打1四球で無失点に抑え8つの三振を奪う好投を見せた。

東洋大, 佐藤都志也

東洋大はこの日、今年最初となるオープン戦でSUBARUと対戦し、盗塁を一つ刺した。

パナソニック, 奈良学園大, 片山勢三, 菅田大介

奈良学園大とパナソニックがオープン戦で対戦し、ドラフト候補の左腕・菅田大介投手とスラッガー・片山勢三選手の視察に西武と中日のスカウトが訪れた。

2019年度の12球団のドラフトを予想します。中日編。

スポンサーリンク
PAGE TOP