清宮幸太郎, 早稲田実

No Image
清宮幸太郎選手のプロ志望会見を受け、各球団が動きを見せている。

清宮幸太郎, 田嶋大樹, 安田尚憲, 中村奨成

No Image
清宮幸太郎選手のプロ志望により、各球団も動きを加速させる。東北楽天は立花球団社長がドラフト1位候補とすることを明かし、東京ヤクルトの衣笠球団社長兼オーナー代行も「編成会議で意思統一する」と話した。

No Image
スポーツ紙各紙では、清宮選手のプロ志望方針を受け、ドラフト1位指名候補選手の名前を挙げている。

JR東日本, 田嶋大樹

社会人野球日本選手権の出場を決める最終予選が行われ、JR東日本の田嶋大樹投手が149キロの速球などでSUBARUを1失点に抑え完投勝利を手にした。

中央大, 鍬原拓也

No Image
東都大学リーグでは中央大のドラフト候補・鍬原拓也投手が先発し、9回9安打8奪三振、3失点で完投勝利を挙げた。この日は12球団のスカウトが視察に集まった。

武蔵大, 本田健一郎

首都大学リーグの秋季リーグ戦が開幕し、武蔵大の150キロ右腕・本田健一郎投手が春の王者・帝京大を4安打に抑えて完封した。

広陵高, 中村奨成

No Image
侍ジャパンU18代表に合流した広陵の中村奨成捕手は、甲子園や移動の疲れもあっただろうが、いきなり練習試合に6番DHで出場し、木製バットで2安打を記録した。

安田尚憲, U18代表

No Image
侍ジャパンU18代表と千葉工大との試合では、安田尚憲選手が2本塁打を放ち、存在感を大きくアピールした。

清宮幸太郎, U18代表

No Image
U18代表が千葉工大と対戦し、早稲田実の清宮幸太郎選手が、高校通算最多本塁打となる108号ホームランを放った。

広陵高, 中村奨成

中日は西川球団社長が、広陵の中村奨成捕手について「1位候補の一人であることは間違いない」と話し、ドラフト1位候補に入っていることが分かった。

スポンサーリンク
PAGE TOP