清宮幸太郎, 田嶋大樹, 村上宗隆, 安田尚憲, 嶋谷将平

中日はスカウト会議を開き、早稲田実・清宮幸太郎選手、履正社・安田尚憲選手、宇部鴻城・嶋谷将平選手、九州学院・村上宗隆選手など高校生4,5人と、JR東日本・田嶋大樹投手など約15人をドラフト上位候補としてリストアップした。

清宮幸太郎, 早稲田実

No Image
早稲田実の王貞治記念グラウンドに、横浜DeNA、東京ヤクルト、中日、福岡ソフトバンク、埼玉西武、オリックスの6球団7人のスカウトが、新年のあいさつに訪れた。清宮幸太郎選手が始動したという事ではないようだがこれだけのスカウトが訪れ、早くも熱気 ...

清宮幸太郎, 早稲田実

中日は早稲田実の清宮幸太郎選手をドラフト1位にリストアップしていることが明らかになった。

中日ドラゴンズは、落合GMが退任することが朝日新聞によって伝えられた。2013年10月にGMに就任し、ドラフト会議では社会人選手を積極的に指名するなどしたものの結果は表れず、今年は19年ぶりの最下位に低迷し、3シーズンで退任する事となった。

中日が2016年のドラフト会議で指名した7選手の入団発表を行った。改めて選手の紹介とチーム戦力のアップ度を予想してみる。

柳裕也, 明治大

中日はドラフト1位で指名した明治大・柳裕也投手と、契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円の最高条件で仮契約を交わした。先輩や同期とセリーグの舞台で対戦し新人王を目指す。

京田陽太

中日はドラフト2位で指名した日本大・京田陽太選手と、契約金8500万円、年俸1200万円で仮契約を交わした。同じ石川県能美市出身の松井秀喜選手のように、地元に記念館を建てる夢を話した。

笠原祥太郎, 新潟医療福祉大

中日はドラフト4位で指名した新潟医療福祉大の笠原祥太郎投手と、契約金4000万円、年俸800万円で仮契約を交わした。野球部創部から4年でリーグ戦で優勝を争うチームにしたエース。

東邦高, 藤嶋健人

中日はドラフト5位で指名した東邦高・藤嶋健人選手と、契約金3000万円、年俸540万円で入団合意した。「いきなりこんなお金をもらえるんだ」と藤嶋選手は驚いた。

柳裕也, 星知弥, 明治大

明治神宮大会大学の部決勝は、明治大が桜美林大を5-2で下し優勝した。中日ドラフト1位の柳裕也投手、東京ヤクルトドラフト2位の星知弥投手がリレーした。明治の2枚看板は来年からライバルチームのエースへと向かう。

スポンサーリンク
PAGE TOP