静岡高, 池谷蒼大

春季高校野球東海大会はこの日、2試合が雨のため延期となり、2試合が行われた。静岡vs近大高専の試合では、プロ注目の144キロ左腕・池谷蒼大投手がセンバツ以来の公式戦登板をした。

佐藤隼輔, 仙台高

仙台高校の180cm左腕・佐藤隼輔投手が仙台育英戦で登板し、自己最速となる144キロを記録、この試合には9球団19人のスカウトが視察に訪れた。

日大三, 金成麗生

No Image
日大三の193cmスラッガー・金成麗生選手が、この日は投手として先発をすると、長身から繰り出すストレートは149キロを記録した。

花咲徳栄, 野村佑希, 清水達也

早稲田実に逆転負けを喫した花咲徳栄、2番手で登板した清水達也投手は148キロを記録し、またホームランを放った来年のドラフト候補・野村佑希選手に中日スカウトが絶賛している。

横浜高, 万波中正

春季高校野球関東大会では、横浜高校が土浦湖北に10-0で勝利、来年のドラフト候補として注目される万波中正投手が登板すると、145キロを記録した。

中部学院大, 平岡敬人

No Image
東海地区リーグの岐阜リーグでは、プロ注目の152キロ右腕の中部学院大・平岡敬人投手が、復帰登板を見せた。この試合には中日など6球団のスカウトが視察に訪れた。

清宮幸太郎, 早稲田実, 秀岳館, 川端健斗, 田浦文丸

No Image
秀岳館と対戦した早稲田実、清宮幸太郎選手は、秀岳館の川端健斗投手、田浦文丸投手などと対戦し、3打数1安打だった。

熊本工, 山口翔

No Image
熊本招待試合では熊本工と慶応高が対戦し、149キロ右腕の熊本工・山口翔が最速148キロの速球を見せた。

菊地大稀, 佐渡高

佐渡高校の185cm右腕・菊地大稀投手が、春季新潟大会2回戦の東京学館新潟戦で先発し、143キロを記録した速球で5失点完投勝利、ネット裏には8球団のスカウトが視察に訪れた。

慶応大, 岩見雅紀

慶応大の右の主砲・岩見雅紀選手が、また火を噴いた。今季3本目は満塁ホームランで試合を決定づけた。

スポンサーリンク
PAGE TOP