有明高, 浅田将汰

九州NO.1右腕と注目の有明・浅田将汰投手が登板し、8回3安打7奪三振で完封勝利した。この試合には北海道日本ハム、東京ヤクルト、中日、横浜DeNA、広島、オリックスなどのスカウトが視察に訪れ、九州NO.1と改めて評価した。

丹生高, 玉村昇悟

丹生の147キロ左腕・玉村昇悟投手投手が8回1/3を投げて5安打2失点、最速147キロを記録し16奪三振の投球を見せた。

創志学園, 西純矢

高校生投手四天王の先頭を切って、創志学園・西純矢投手が夏初陣を飾った。調子は良くなかったようだが150キロを記録し、7回で10の三振を奪った。

東邦高, 石川昂弥

東邦が愛知大会2回戦で敗退、プロ注目の石川昂弥選手の春夏連覇の夢は消えた。試合後、進路について、プロに「行きたいというふうに思っています」と話し、プロ志望を表明した。

桐蔭学園, 森敬斗

センバツにも出場した桐蔭学園が夏初戦を迎え、プロ注目の内野手・森敬斗選手にプロ3球団のスカウトの視線が集まった。

北九州高, 木村仁

北九州の146キロ右腕・木村仁投手が、福岡大会2回戦の中間戦で先発し、9回2安打2失点11奪三振で完投勝利を挙げた。

森下暢仁, 及川雅貴, 佐々木朗希, 奥川恭伸, 西純矢

オリックスは7月4日、大阪市西区の球団事務所でスカウト会議を行い、ドラフト上位候補31~32人の映像をチェックした。

佐々木朗希, 大船渡高

オリックスの福良GM兼編成部長は、秋田で視察した大船渡の佐々木朗希投手について、ドラフト候補の最上位に位置付けた事が分かった。

佐々木朗希, 大船渡高

No Image
大船渡の佐々木朗希投手はこの日、由利高校と練習試合を行い、先発して3回を3安打無失点に抑えた。抑え気味の投球で最速153キロだった。視察した8球団のコメントをまとめます。

新潟アルビレックス, 長谷川凌汰

BCリーグ・新潟アルビレックスの153キロ右腕・長谷川凌汰投手が登板予定だった巨人3軍との試合が雨で流れたが、横浜DeNA,オリックスのスカウトが姿を見せていた。

スポンサーリンク
PAGE TOP