オリックスは大阪市内の球団事務所でスカウト会議を行ったが、会議は約30分で終了したという。

佐々木朗希, 大船渡高

No Image
来年のドラフトの超目玉、大船渡の佐々木朗希投手が自己最速を3キロ更新する157キロを記録した。国内7球団の他、メジャーの2球団のスカウトも視察をしている。

オリックスの福良監督は、チーム編成についても現場の意見をしっかりと言う監督で、ドラフト会議での指名にも影響力がある。その福良監督にフロントが来年も続投を要請していたことが分かった。

東洋大, 甲斐野央, 上茶谷大河

No Image
東都大学リーグが開幕し、東洋大の上茶谷大河投手が開幕投手を務め、7回3安打2失点の好投を見せた。カットボールを駆使した新投球スタイルを見せた。

法政大, 中山翔太

法政大の中山翔太選手が東京ガスとのオープン戦でホームランを放ち、視察したオリックスの古屋編成副部長が絶賛した。

根尾昂

侍ジャパンU18代表vs大学代表の試合が行われ、根尾昂選手が打っては2安打、投げては1回を3人で抑えて無失点、大学生のトップクラスとも互角にやれる実力を十分に見せた。

オリックス, 小園海斗, 藤原恭大, 根尾昂, 吉田輝星

オリックスは、9月3日から宮崎で行われるU18アジア選手権に、スカウト全員を派遣する事が分かった。

吉田輝星, 金足農

金足農・吉田輝星投手について、東京ヤクルト、オリックス、千葉ロッテ、埼玉西武などもそれぞれ高い評価を示している。

吉田輝星, 金足農

まだプロ志望を口にしていない金足農・吉田輝星投手だが、プロ側の評価は高まっている。

大阪桐蔭, 横川凱, 小園海斗, 藤原恭大, 根尾昂, 柿木蓮, 渡邉勇太朗, 吉田輝星

No Image
この夏の甲子園は、全チームが出場した後も、特に大阪桐蔭の試合を中心に多くの球団の幹部クラスが視察を行ったが、大阪桐蔭の藤原恭大選手、根尾昂選手の打撃をチェックするだけでなく、大阪桐蔭の他の投手の投球を見たかったという理由もある。

スポンサーリンク
PAGE TOP