谷口蓮, 三島南

No Image
三島南高校の谷口蓮投手は最速140キロの速球を投げ、昨年夏は3試合連続完投をして注目された。今年は春に145キロ、夏に150キロを目指すという。

仙台育英, 笹倉世凪

No Image
中学時代から注目され、昨年夏の甲子園では投打に高い素質を見せた仙台育英の笹倉世凪投手が、センバツへの意気込みを見せた。

高知高, 森木大智

No Image
中学時代に軟式で150キロを記録して注目された高知高・森木大智投手が、昨年に反省と今年への抱負を語った。

静岡商, 高田塚登

No Image
静岡商で最速148キロの速球を投げる高田塚登投手は、今年のドラフト候補として既に9球団スカウトが足を運んでいる。1月には143キロを記録するなど、練習試合解禁後から大いに注目されそうだ。

栗田勇雅, 渡辺嵩馬, 小吹悠人, 功刀史也

No Image
山梨学院高校は2020年のセンバツ出場が決まり、2018年の夏から4季連続の甲子園出場となる。昨年は3番・野村健太、4番・相沢利俊という重量打線で挑み、センバツ1回戦の札幌第一戦では1回に10点、合計24点を奪う猛打を見せた。

東海大相模, 西川僚祐, 山村崇嘉, 石田隼都, 鵜沼魁斗, 神里陸, 金城龍輝

No Image
センバツに出場する東海大相模、U15代表などで活躍し、高校2年間で44本塁打を放つ主軸バッターの山村崇嘉選手が、投手としても145キロを目指して投げ込んでいる。

No Image
高校野球連盟は夏の甲子園大会の組み合わせ抽選日などを発表した。また今夏に限り、甲子園出場校の甲子園大会前の練習試合を、同一地区大会に出場した高校に限定し認めることを決めた。

星稜高, 内山壮真

No Image
星稜でこれまで通算30本塁打を放っている内山壮真選手が、先輩の松井秀喜選手の60本越えを目標とする。

智弁学園, 小畠一心, 前川右京, 西村王雅, 白石陸

No Image
センバツに出場する智弁学園は、4番とエースの新2年生が注目される。また主将の白石陸選手も強肩俊足の外野手としてプロが注目をしている。

スポンサーリンク
PAGE TOP