大商大高, 京都国際, 上野響平, 酒井海央, 上田大河

春季高校野球近畿大会は、神戸国際大付が京都国際に9-5で勝利した。プロ注目の上野響平選手は4打数2安打、阪神など5球団のスカウトが視察をしている。

村上椋音, 東日本国際大昌平

No Image
春季高校野球福島大会では、東日本国際大昌平が優勝を納めた。背番号19を付けた村上椋音投手が、9回8安打1失点完投勝利を挙げた。

横浜高, 及川雅貴

横浜高校は掛川西の招待試合に参加し、153キロ左腕の及川雅貴投手が7回からリリーフで登板した。3回を投げて打者10人に対し5奪三振と、力のある球を投げ込んだ。

佐々木朗希, 大船渡高

No Image
大船渡の佐々木朗希投手は、前日の盛岡商の練習試合に続き、この日は宮城の加美農・一迫商・岩出山の3校連合チームと練習試合で先発した。49球を投げてストレートは8球のみだった。

津田学園, 前佑囲斗

津田学園の148キロ右腕・前佑囲斗投手を、東京ヤクルトの中西スカウトが密着マークしている。

星稜高, 奥川恭伸

星稜の奥川恭伸投手が、1カ月半ぶりとなる実戦登板をした。最速は147キロを記録し、4回2安打8奪三振無失点の投球だった。

佐々木朗希, 大船渡高

大船渡高の163キロ右腕・佐々木朗希投手が、春季大会で敗退後に初となる練習試合を行い、9回を投げて2安打完封で勝利を飾った。フォークボールを増やし、新たなスタイルの投球を見せた。

東海大相模, 鵜沼魁斗

No Image
春季高校野球関東大会は、東海大相模は初優勝を飾った。2年生でリードオフマンの鵜沼魁斗選手が先頭打者弾を放ち、試合を握った。

古川学園, 佐々木繕貴

No Image
古川学園の佐々木繕貴投手が春の成長を見せている。この日は東北学院榴ケ岡に完投勝利し、宮城大会ベスト8進出を果たした。

スポンサーリンク
PAGE TOP