No Image
高校野球連盟が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」が行われ、11月下旬に高野連理事会に提出する答申に、1週間で500球の球数制限を盛り込むことを決めた。

井上広輝, 石川昂弥, 韮澤雄也, 井上広大

No Image
高校生プロ志望届は、侍ジャパンU18代表で3番を打った花咲徳栄の韮澤雄也選手と4番を打った東邦の石川昂弥選手が9月20日にそろってプロ志望届を提出した。また甲子園を賑わせた日大三の井上広輝投手、履正社の井上広大選手もプロ志望届を提出した。

No Image
U18ワールドカップの戦いを終え、侍ジャパンU18代表は解散となる。帰国後、それぞれの道へ進んでいく。日刊スポーツでは代表選手の希望進路を掲載しています。

No Image
高校生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴や簡単な紹介です。9月20日は9名が追加され、合計89名になりました。

東邦高, 熊田任洋

No Image
侍ジャパンU18代表で、序盤はショートとして、終盤はDHで打撃で結果を残した東邦の熊田任洋選手が、大学で磨いてプロ入りする決意を示した。

北照高, 桃枝丈, 伊藤陸

No Image
北照高校のエースで甲子園でも登板した桃枝丈投手と、主将の伊藤陸選手が、地元・北海道の六花亭に入社することが決まり、軟式野球の頂点を目指す。

盛岡大付, 大久保瞬

No Image
秋季高校野球岩手大会、盛岡大付は背番号10を付けた138キロを投げるサイドハンド・大久保瞬投手が粘りのピッチングを見せた。

大船渡高

No Image
秋季高校野球岩手大会では、準々決勝が行われ、大船渡は花巻東に4-17で敗れてリベンジはならなかった。

森下暢仁, 宮城大弥, 武岡龍世, 前佑囲斗

U18ワールドカップで戦った侍ジャパンU18戦士のプロ志望届提出が始まった。

日本航空石川, 田中颯希

No Image
秋季石川大会では、日本航空石川の背番号10、田中颯希投手が小松高校を3安打10奪三振無四球で完封し4回戦進出を果たした。星稜の大きなライバルとなる。

スポンサーリンク
PAGE TOP