明治大, 伊勢大夢

No Image
明治大の伊勢大夢投手が東大2回戦に先発し、6回2安打5奪三振無失点、最速151キロを記録するピッチングを見せた。

明治大, 森下暢仁

東京六大学リーグが開幕し、大学NO.1投手、明治大の森下暢仁投手のラストシーズンが始まった。東大を相手に延長12回154球を投げる厳しい開幕戦を勝利した。

JFE西日本, 河野竜生

JFE西日本は阪神の2軍とプロアマ交流戦を行った。ドラフト上位候補の社会人NO.1左腕・河野竜生投手の登板に、11球団25人のスカウトが視察に訪れた。

佐々木朗希

東北楽天の石井GMが、GM就任後に初めてアマチュア野球を視察し、佐々木朗希と絶賛した。しかし。

森下暢仁

No Image
壮行試合で先発した大学代表の森下暢仁投手にも、11球団のスカウトの絶賛の声が集まっている。

佐々木朗希

No Image
U18代表vs大学代表の壮行試合、先発をした佐々木朗希投手は、最速156キロの速球とフォークボールを見せ、大学代表の1,2,3番を2奪三振ノーヒットに抑えた。スタンドには12球団70人以上のスカウトが訪れた。スカウトの評価をまとめます。

東北楽天の石井一久GMは、明日の侍ジャパンU18代表vs大学代表の壮行試合を視察する。アマチュアの試合を視察するのは、GMに就任して初となる。

佐々木朗希

No Image
大船渡の佐々木朗希投手が、侍ジャパンのユニフォームを着て登板した。駒澤大とのWヘッダーの練習試合の1戦目、9回に登板し1回1奪三振無失点の投球を見せた。

履正社高, 井上広大, プロ志望表明

履正社の井上広大選手は、星稜・奥川投手からこの夏の甲子園3本目のホームランを放ち、優勝を手にした。進路について「プロになるためにやってきた」と話し、プロ志望を表明した。

星稜高, 奥川恭伸, プロ志望表明

No Image
甲子園優勝の夢にあと一歩届かなかった星稜・奥川恭伸投手、将来について、「自分は上の舞台で野球をしたいと思っているので、またこの甲子園に立ちたいなという気持ちはありますしその時は大きくなった姿で立ちたいと思います」と話し、プロ志望を示唆した。

スポンサーリンク
PAGE TOP