立正大, 小郷裕哉, 伊藤裕季也

明治神宮大会は大学の部決勝が行われ、東都リーグの立正大が、中国・四国3連盟代表の環太平洋大に6-4で勝利し優勝した。小郷裕哉選手、伊藤裕季也選手のドラフト指名コンビで優勝を決めた。

立正大, 小郷裕哉, 伊藤裕季也

No Image
明治神宮大会大学の部では準決勝が行われ、立正大の小郷裕哉選手と伊藤裕季也選手の活躍で6回までに12点を奪い、関西国際大を6回コールドで下して決勝進出を決めた。

No Image
明治神宮大会2日目は高校の部2試合、大学の部2試合が予定されています。大学ではドラフト会議で広島に2位で指名された九共大・島内颯太郎投手、ヤクルト7位の久保拓眞投手、DeNAドラフト2位の立正大・伊藤裕季也選手、楽天7位の小郷裕哉選手が登場 ...

辰己涼介

東北楽天がドラフト1位の交渉権を獲得していた、立命館大・辰己涼介選手と、契約金1億円、年俸1500万円で契約に合意した。

山形中央, 佐藤智輝

東北楽天の石井GMは、ドラフト5位で指名した山形中央の佐藤智輝投手を、高校NO.1左腕と評価していたことが分かった。

弓削隼人, 東北楽天

東北楽天がドラフト4位で指名した193cm左腕の弓削隼人投手は、石井GMが獲得を熱望していた投手だったことが分かった。

引地秀一郎, 倉敷商

東北楽天は、ドラフト3位で倉敷商の引地秀一郎投手を指名した。今年1月に亡くなった星野仙一氏の母校からの指名となった。

則本佳樹

東北楽天が育成ドラフト2位で指名した、山岸ロジスターズの則本佳樹投手は、目標としている投手について、「兄ではなく、岸さん」と話した。

辰己涼介

東北楽天は1位指名で挙げていた3人の野手の中から、大阪桐蔭の藤原恭大選手を選択した。しかし抽選で外すと、同じ外野手の立命館大・辰己涼介選手を指名した。

スポンサーリンク
PAGE TOP