青藍泰斗, 石川翔

青藍泰斗高校の石川翔投手が夏直前に復活の登板を果たした。ドラフト上位候補として注目される石川投手と、147キロの速球を投げる古田島成龍投手のいる取手松陽との練習試合には、9球団17人のスカウトが集まった。

八重山商工, 平良海馬

No Image
八重山商工の152キロ右腕・平良海馬投手が、沖縄大会1回戦の首里戦に先発、スカウトのスピードガンで154キロを記録したが、5回に与えた1点で0-1で敗れ、早くも夏が終わった。

近藤弘樹, 岡山商大

No Image
岡山商大の近藤弘樹投手が大学野球選手権で2失点完投勝利デビューをした。この日は国内12球団にメジャースカウトも視察に訪れ、ドラフト1位の声も続々と挙がった。

鈴木康平, 日立製作所

日立製作所のプロ注目投手・鈴木康平投手が先発し、8回8安打1失点の粘投を見せた。球速は150キロを記録し、視察した9球団スカウトは最高の評価を示した。

ヤマハ, 鈴木博志

ヤマハの154キロ右腕・鈴木博志投手が、この日、自己最速に並ぶ154キロを記録した。

上武大, 鳥巣誉議, 島田海吏

福岡ソフトバンクが、上武大で熊本出身の島田海吏選手を高く評価していることが分かった。また同じく九州出身の鳥巣誉議選手は今季打点王の活躍を見せ、大学野球選手権での活躍が期待される。

佐藤隼輔, 仙台高

仙台高校の180cm左腕・佐藤隼輔投手が仙台育英戦で登板し、自己最速となる144キロを記録、この試合には9球団19人のスカウトが視察に訪れた。

日大三, 金成麗生

No Image
日大三の193cmスラッガー・金成麗生選手が、この日は投手として先発をすると、長身から繰り出すストレートは149キロを記録した。

東京大, 宮台康平

左肩の故障によりフォーム改造に取り組みながら結果が出ていなかった東大の宮台康平が、この日、20日ぶりにリーグ戦で登板し、手ごたえをつかむピッチングを見せた。この試合には阪神の首脳陣が集結して視察し、ソフトバンク、広島なども視察をした。

清宮幸太郎, 早稲田実, 秀岳館, 川端健斗, 田浦文丸

No Image
秀岳館と対戦した早稲田実、清宮幸太郎選手は、秀岳館の川端健斗投手、田浦文丸投手などと対戦し、3打数1安打だった。

スポンサーリンク
PAGE TOP