トップ記事一覧

早稲田大, 加藤雅樹

No Image
早稲田実で清宮幸太郎選手の2つ先輩で、夏の甲子園ベスト4、そしてU18W杯もともに戦い、プロが注目していた加藤雅樹選手が、復活の2本塁打を放った。

菰野高, 岡林勇希

菰野高校の150キロ右腕・岡林勇希投手が春季三重大会のいなべ総合戦で先発したが、9回を投げて181球を投げた。この試合には巨人、阪神、北海道日本ハムなど5球団のスカウトが視察に訪れた。

高知高, 森木大智

高知中で軟式で150キロを記録した高知高の森木大智投手がこの日、関西高との練習試合で先発すると、球速は145キロを記録した。東京ヤクルトのスカウトが注目している。

創価大, 杉山晃基

創価大の154キロ右腕・杉山晃基投手がこの日の東京国際大戦で8回から登板し、151キロを記録した。この試合には横浜DeNA、広島、東北楽天のスカウトが視察をしている。

興南高, 宮城大弥

春季高校野球九州大会では、興南の148キロ左腕・宮城大弥投手が登場し、自己最速を更新する149キロを記録した。4失点をしたものの9回を投げて10個の三振を奪った。

丹生高, 玉村昇悟

No Image
春季高校野球福井大会では、丹生高校の145キロ左腕・玉村昇悟投手がベールを脱いだ。三国高校を相手に9回を投げて8者連続を含む16三振を奪った。

西日本短大付, 神宮隆太, 江崎陸

No Image
春季高校野球九州大会では、西日本短大付がセンバツに出場した日章学園に勝利、江崎陸投手とプロ注目の神宮隆太捕手のバッテリーが完封した。

真颯館, 武内未来

No Image
春季高校野球九州大会では、真颯館の武内未来選手がホームランを放ち、また投げても5回3失点に抑え勝利した。

明治大, 森下暢仁

明治大の154キロ右腕・森下暢仁投手が今季初登板をしたが、6回を投げて10安打を浴び4失点で敗戦投手となった。最速は152キロを記録した。

立命館大, 坂本裕哉

立命館大の148キロ左腕・坂本裕哉投手が京大に完封勝利。巨人は長谷川スカウト部長と担当の渡辺スカウト2人で視察をした。

スポンサーリンク
PAGE TOP