金沢・釜田佳直投手、152km連発で完封!

釜田佳直, 金沢高

夏の甲子園1日目、金沢vs伊勢工の対戦ではプロ注目の金沢・釜田佳直投手が登場、序盤は良い球と悪い球の差が大きく3回まで3安打を許したものの、4回以降は130kmを超えるスライダーを軸にピッチングを組み立てると8回までをノーヒットに抑えた。7回には伊勢工の投手で4番・中川誠也の打席で152kmを2度記録するなど力を見せ付けた。9回には連打を浴びて1アウト1,3塁となるも連続三振でゲームセット、5安打10奪三振で完封、1回戦を勝ち上がった。

  •  - 

  • PAGE TOP