明徳義塾, 西浦颯大

No Image
3月19日に開幕するセンバツ大会まであと1か月となった。明徳義塾でプロ注目の西浦颯大選手は、昨年夏の甲子園に続き、2大会連続のホームランを狙う。

国松歩, 七原優介, 水野匡貴, 高橋遥人, 嶽野雄貴, 寺西建, 森圭名, 清水力斗, 石田健人マルク, 柴崎哲治, 内海大寿, 松本直樹

No Image
中日スポーツでは「中部から飛び出せ2017ドラフト候補」という特集を3日連続で続けているが、その中で東海、北信越のチームの選手や、出身の選手の紹介もしている。

札幌第一, 柴田颯, 冨樫颯大

No Image
センバツに出場する札幌第一は、3月8日の練習試合解禁以降、智弁和歌山や東邦など5校と9試合を行い甲子園に向かっていく。

菰野高, 岡林飛翔

No Image
菰野高校の岡林飛翔投手は180cm85kgの右腕で最速151キロを投げ、今年の高校生右腕ではトップクラスの投手。年始には9球団があいさつに訪れているという。

履正社高, 安田尚憲, 若林将平, 竹田祐

No Image
昨年の明治神宮大会チャンピオン・履正社高校には、プロ注目のスラッガー・安田尚憲選手を始め、若林将平選手、竹田祐投手もプロから注目されている。安田選手は進路をプロ一本に絞る。

No Image
昨年まで阪神のスカウトを務めていた中尾孝義氏が、専大北上高校の監督に就任する事が分かった。

札幌第一, 柴田颯

No Image
2015年のセンバツでは東海大四が準優勝、2016年夏の甲子園では北海が準優勝、そして今春も北海道代表の札幌第一に注目が集まるが、主軸には1年生が座る。

東京ヤクルトでスカウト部長を務めた小田義人氏が、母校の静岡高で外部コーチに就任した。

神戸国際大付, 猪田和希

No Image
センバツに出場する神戸国際大付・猪田和希選手は、注目スラッガー候補の一人。捕手としても特訓を重ねており、プロも注目している。

佐藤昂気, 山田智也, 多治見高

No Image
21世紀枠でセンバツ出場が決まった多治見高校、佐藤昂気選手は1年の秋から4番ファーストで出場し、昨年秋からは主将としてチームを引っ張る。秋季大会では公式戦11試合で11打点を記録し、甲子園出場の原動力だ。

スポンサーリンク
PAGE TOP