石川昂弥

侍ジャパン大学代表は、石川昂弥選手を4番に据える事が分かった。石川選手は喜びを感じながらも、木製バットについて不安も話した。

奥川恭伸

星稜の奥川恭伸投手が、26日に行われる大学代表との壮行試合に登板しない可能性もある。

佐々木朗希

U18代表の投手陣について、永田監督は「まず全員を見てみないと」と話したものの、佐々木朗希投手はリリーフでの登板について「頭にあります」と話した。

佐々木朗希, 大船渡高

侍ジャパンU18代表はこの日、合宿2日目となったが、雨天のため予定されていた大学生との練習試合は中止となった。佐々木朗希投手は前日に続いてブルペン入りを志願し、全球種の確認を行った。

佐々木朗希, 大船渡高

No Image
大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希投手は、出場するU18W杯の終了後、9月中旬にも大船渡高校で進路表明の会見を行うことが分かった。プロ志望届も会見後に提出する予定。

佐々木朗希, 水上桂

この日から始まった侍ジャパンU18代表の合宿に参加した大船渡の佐々木朗希投手は、甲子園の奥川投手の試合を「全部見た」と話した。

星稜高, 山瀬慎之助, プロ志望表明

No Image
星稜でプロ注目の強肩捕手・山瀬慎之助選手も、プロ志望の意思を明らかにした。

履正社高, 井上広大, プロ志望表明

履正社の井上広大選手は、星稜・奥川投手からこの夏の甲子園3本目のホームランを放ち、優勝を手にした。進路について「プロになるためにやってきた」と話し、プロ志望を表明した。

星稜高, 奥川恭伸, プロ志望表明

No Image
甲子園優勝の夢にあと一歩届かなかった星稜・奥川恭伸投手、将来について、「自分は上の舞台で野球をしたいと思っているので、またこの甲子園に立ちたいなという気持ちはありますしその時は大きくなった姿で立ちたいと思います」と話し、プロ志望を示唆した。

奥川恭伸

阪神は、編成部門トップの谷川球団本部長が甲子園大会決勝で星稜の奥川恭伸投手を視察し、「きわめて高い評価」「球界の宝じゃないですか」と評価した。

スポンサーリンク
PAGE TOP