横浜高

No Image
名門、横浜高校に村田浩明監督が就任した。渡辺元智元監督も「適任だと思う」と話した。

No Image
新型コロナウイルスの影響により、春季高校野球の中心も相次いでいる。各地区、都道府県の状況をまとめます。4月2日更新。

島袋洋奨, 興南高

No Image
興南高校で甲子園春夏連覇を達成し、中央大で故障をしたものの、2014年のドラフト5位で福岡ソフトバンクに指名された島袋洋奨選手、昨年オフに引退をしたが、興南高校の事務職員となり、母校での指導者の道を目指す。

高知高, 安岡拳児

No Image
現在はBランクとして評価している選手の中から、成長楽しみな選手を紹介する企画。今日は高知高・安岡拳児投手。 第1回:上田西・阿部巧雅投手、第2回:浜松工・杉田蒼希投手、第3回:九州国際大付・酒井教平投手、第4回:大分東明・山下健太朗投手

No Image
新型コロナウイルスの影響がさらに続き、春季関東大会の中止、大学春季リーグの延期や無観客開催、社会人野球JABA大会の中止の検討など、2020年のドラフト会議への影響がますます大きくなっていると感じる。2020年ドラフト会議はどうなるのか。

No Image
関東地区高野連は臨時理事会を行い、春季高校野球関東大会の中止を決めた。

磐田東, 二俣翔一

遠投120mの肩と、高校通算18本塁打のパンチ力が注目されている磐田東の二俣翔一選手が練習試合で2ベースヒット3本を打ち、視察した広島スカウトが高く評価した。

山下健太朗, 大分東明

No Image
現在はBランクとして評価している選手の中から、成長楽しみな選手を紹介する企画。今日は大分東明・山下健太朗投手。 第1回:上田西・阿部巧雅投手、第2回:浜松工・杉田蒼希投手、第3回:九州国際大付・酒井教平投手

健大高崎, 戸丸泰吾, 朝井優太

No Image
センバツに出場が決まっていた健大高崎がこの日、つくば国際大高と今年初の練習試合を行い、戸丸泰吾捕手のサヨナラ打で勝利した。

スポンサーリンク
PAGE TOP