夏の高校野球、各紙のチーム評価

2014年高校野球選手権ニュース

 夏の高校野球は49校が出そろいました。スポーツ紙3紙のチーム評価をまとめました。

 3紙共通してA評価なのは、東海大相模、龍谷大平安、大阪桐蔭、智弁学園、明徳義塾、九州国際大付、沖縄尚学の7チーム。

 東海大相模は吉田凌投手や青島凌也投手など145km/hカルテットに2年生のホームランバッターが揃い、激戦神奈川を制して出場した事が評価されている。また九州国際大付も打撃では清水優心捕手、古澤勝吾選手など全国屈指の3年生バッターが揃い、投手も140km/h以上を記録する投手が何人も控える。

 明治神宮大会優勝の沖縄尚学、センバツ優勝の龍谷大平安は昨年秋から常に勝っている印象で、特に注目される選手が目立たないほど、チーム全体として選手に力がある。

 明徳義塾は夏5連覇で、夏3度目の出場となるエース・岸潤一郎投手を中心としたチーム力が高く、大阪桐蔭も、藤浪晋太郎投手や森友哉捕手が抜けても夏3連覇を達成するなど総合力が高い。

 智弁学園は投手力等に課題が見えるが、岡本和真選手や廣岡大志選手など打撃では全国屈指の選手がいる。

 他にAランクが付いているのが、盛岡大付、日本文理、東邦、広陵で、日本文理は飯塚悟史選手を中心に他の選手の総合力も高く、九州国際大付などに引けを取らない。広陵もまだ目立った選手はいないが下級生に素質の高い選手が揃っており、夏にブレークする選手がいるかもしれない。

 盛岡大付は松本裕樹選手がどこまで踏ん張れるか、東邦は1年生・藤嶋健人投手の活躍が期待されてのA評価だろう。

地区学校名日刊報知スポ
ニチ
北北海道武修館CCC
南北海道東海大四BBB
青森八戸学院光星BBB
岩手盛岡大付BBA
秋田角館CCB
山形山形中央BBB
宮城利府CCC
福島聖光学院BBB
茨城藤代CBB
栃木作新学院BBB
群馬健大高崎BBB
埼玉春日部共栄BBB
千葉東海大望洋BBB
東東京二松学舎大付BBB
西東京日大鶴ケ丘BBB
神奈川東海大相模AAA
山梨東海大甲府CBB
新潟日本文理BAA
長野佐久長聖CCB
富山富山商BBB
石川星稜BBB
福井敦賀気比BBB
静岡静岡BBB
愛知東邦BAB
岐阜大垣日大BBB
三重三重BBB
滋賀近江BBB
京都龍谷大平安AAA
大阪大阪桐蔭AAA
兵庫神戸国際大付BBB
奈良智弁学園AAA
和歌山市和歌山CBC
岡山関西BBB
広島広陵BAB
鳥取八頭CCC
島根開星BCB
山口岩国CBB
香川坂出商CCC
徳島鳴門BBB
愛媛小松CBB
高知明徳義塾AAA
福岡九州国際大付AAA
佐賀佐賀北CCB
長崎海星CBB
熊本城北CCB
大分大分BBB
宮崎日南学園BBB
鹿児島鹿屋中央BCB
沖縄沖縄尚学AAA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント