高校野球・山形大会(2017):ドラフト注目度B

吉住晴斗, 鈴木琉生, 田中優大, 佐藤幸弥, 舟生大地, 大泉周也, 遠藤慶徳

2017年夏の高校野球山形大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは坂田南の石垣雅海選手が中日のドラフト3位と高い順位で指名された。今年も注目される投手がおりドラフト注目度はB

地区

昨年は鶴岡東が山形中央を破り甲子園出場を果たした。甲子園では初戦でいなべ総合と3-5の接戦を演じたものの敗退した。

秋は日大山形が優勝し酒田南が準優勝、3位に鶴岡東、4位に酒田光陵が入った。東北大会では酒田南がベスト4、鶴岡東がベスト8に入ったが日大山形は初戦で敗れた。

春も日大山形が優勝し、羽黒が準優勝、3位が九里学園、4位が山形商と、日大山形以外は面々が変わった。東北大会では羽黒、九里学園が初戦を突破したものの、日大山形は初戦で敗退し、東北の壁に当たっている。

優勝候補は秋・春を連覇している日大山形だが、東北大会で未勝利とまだ本物の実力とは言えないか。酒田南、鶴岡東に強豪校に、2年生投手が好投した羽黒や九里学園、そして実力校の山形中央などもおり混戦模様の様相。

注目選手

鶴岡東の吉住晴斗投手は185cmの長身右腕で、2年春には145キロを記録し、夏の甲子園では1イニングをノーヒット無失点に抑えて注目をされていた。春季大会では他の投手が主に投げたが、この6月には自己最速となる148キロを記録し、プロのスカウトも複数球団が注目している。

この夏の投球には2ケタ球団のスカウトが訪れると思うが、投球内容によって、ドラフト上位候補の評価も定着してくるかもしれない。

その他の注目選手

羽黒高校には先発で143キロを記録する182cm右腕・田中優大投手がおり、リリーフでは2年生ですでに145キロを記録している佐藤幸弥投手がいる。

日大山形は打線がしっかりしている。4番の舟生大地選手は長打力もあり逆方向にヒットも飛ばせる選手、1番の鈴木琉生選手は走攻守3拍子揃った選手だがまだ素質を引き出せていない感じもある。

山形中央は大泉周也選手が左のスラッガーとして県NO.1とも評価、大きなフォロースルーを取り、バックスクリーンに運ぶ打球に注目。好投手を輩出するチームだが、今年は特に目立った選手は今のところいないが、遠藤慶徳投手は腕をしならせて投げる138キロの球に力がある。

2017年度-高校生-山形県のドラフト候補リスト


PAGE TOP